FC2ブログ

【DARPAレポート】 ムーアの法則の終焉が半導体紛争のトリガーへ


DARPAのカンファレンスは衝撃的な経験となった。

そして、自分たちが何故、ここに呼ばれたのかも知ってしまった。

 

最初は自動車メーカー向けに設計したLidar代替ソリューションが、カメラだけで三次元構造を認識できるのでステルスレーダーの技術でも必要とされているのかと思った。

 

行ってみると人工知能のトピックが主で、AI認識システムを誤認識させる攻撃から守るソリューションを今年の春に発表したものを求められているのかと思った。

 

中国により産業が分断されているという問題。

そして、中国が脅威であるということも何時間も語られた。

 

単一障害点と呼ばれるサプライチェーン上のほんのわずかな部品が供給されなくなることで、サプライチェーン全体が崩れるという大統領補佐官ナバロ氏の指摘もここでなされていた。ここでは、14ナノ以下のトランジスタが指摘された。

 

中国の膨大なる投資、エンジニア要員としての学位取得者が米国の何倍にも登ること。

私が、この数年間かけてブログを通じて微力ながら警鐘を鳴らしてきたことが、ここに全て集約されていた。

 

そして、ムーアの法則の終焉について語られた。

 

微細化により、電子の動きが古典物理の世界から量子力学の世界に移り、リーケージの問題が発生するようになった。

 

微細化を超えるには、量子コンピュータへの移行か、それまでは別のソリューションでつなぐのか。

 

そういう人類の危機に直面しているという話だったのだ。

 

別のソリューションとは何か。

 

まずは、メモリの問題だ。

次世代の人工知能には高精度のメモリが必要となる。

だから、エルピーダと東芝メモリはターゲットにされて日本企業ではなくなった。DARPAのプレゼン資料に輝いたのは東芝メモリの技術を盗んだSKハイニックスのロゴで、東芝のロゴは消えた。

 

メモリが抱える二つの古典的な課題は。

・メモリのランダムアクセスによるデータヒット率の低さ

・キャッシュコヒーレンシの課題だ。

 

そして、チップの問題。

微細化なくして処理の高速化を図るには、パラレル処理が必要だということ。

ブレインライクなパターン認識(AI)にリコンフィギュアブル設計と呼ばれる、プログラマブルなチップの設計技術が必要だということ。

 

その全てのソリューションを、マイケルが持っている。

自分たちが執拗に台湾半導体マフィア「青幇」と中共から狙われるのは何故なのか。

 

マイケルは狙われているのに殺されなかったのは何故なのか。

殺したらソリューションが手に入らないからだ。

 

半導体技術問題、中国投資資金問題、中国模造品問題、技術流出問題など様々なことが語られ、アメリカが今こそ中国を半導体市場での敵国として政府と軍で認識しているということが明らかになった。これまでのムーアの法則に基づく単純な発想による微細化技術では乗り越えられない技術的な壁を乗り越えるため、中国は力づくで技術を集めているのだ。

 

よもや「ムーアの法則」の終焉が、半導体技術の取り合いとなり、米中貿易戦争のトリガーとなってしまうとは、当のムーアですら思いも寄らなかったはずだ。

 

 

スポンサーサイト



エド・スィコータのタホ湖とDARPAと日本

昨日は取引先とタホ湖に寄りました。

 タホ湖といえば、元投資家としてはマーケットの魔術師に出てきたシステムトーダーエド・スィコータという人がいるんだけど、彼はタホ湖の辺りでトレードだけで生計立ててます。
その人に憧れて、いつかはタホ湖の畔でトレードしたいなーと、静かな湖畔を想像してたけど、湖はデカすぎるし、観光客は騒々し過ぎるし、カジノはうるさいし、カジノ避けてカリフォルニアに入るとマリファナやってるしで、憧れの静かな湖畔というイメージは脆くも崩れ去りました(・_・; 
 
昔話を語ると、人生で一番好きだった人と、エドみたいにタホ湖の湖畔に住む為に数学やら人工知能の勉強してたんだけどね。
そんな昔話思い出した。

 いまは、何故か人工知能のアクセラレータとか認識の開発をやっているから、人生とは不思議なものだ。 

 
今回も色々と学びの多い出張でした。

 DARPAでのカルチャーショックは、役人が技術的な理解度が半端なく深く、ビジョンを持って産業と大学をリードしている現場を垣間見てしまったこと。
ムーアの法則の終わり、
キャッシュコヒーレント問題、
リコンフィギャアブルASIC、
中国の戦略による産業の分断、
模造品による企業の死、
スパイチップによるセキュリティの危機
という、弊社が創業時から問題だと提言し続けた課題について、ここで全てが論じられていることに感激し、感銘し、そして、我が国が身動きが取れてないことに苛立ちや怒りを覚えました。

 警鐘を鳴らしたくても、文系の多い出版社に問題提起が難しいというハードルもあります。
でも、いま、警鐘を鳴らさないと、日本は産業から国防装備を開発する技術が崩れ去るという危機に直面しています。 
 
この数年が勝負。
 応援宜しくお願い申し上げます。

【番外戦19】IRS(米歳入庁)との訴訟

暫く、色々あったのでIRSとのことを書いていなかったので、アップデートします。

IRSとは、内国歳入庁のことで、いわば国税局。
国税局がマイケルのFBI保護プログラムに入る前の名前を調べ上げ、マイケルが既に清算した台湾の会社の監査、深田の日本法人R社の監査、マイケル個人の監査等を1992年から2030年(未来)に渡っての監査を行うと宣言して散々嫌がらせされた。

弁護士もビックリの嫌がらせを受けて、最終的に、私たちはアメリカでもIRSを相手取り訴訟をしたのだ。

裁判を起こすときは、最初に原告・被告共に希望の判決を裁判官に提示する。

こちらの求める判決は「理不尽な召喚を行なわないこと」だった。

理不尽な召喚の理由はやまほどあって、IRS側が全て違法。
1)税務申告はきちんと行なっている。(当然)
2)過去五年の監査しかできないのに、1984年のマイケル個人の収入も証明を求められ(違法)
3)法人と個人を混同され(違法)
4)海外法人まで監査を求められ(違法)
5)第三者まで同意なく調べられ(違法)
6)監査期間は6カ月を超え(違法)
7)同意なく監査を延長され(違法)
8)刑事事件としての監査には脱税の証拠が必要なのに出していない(違法)
9)財務諸表以外に設計情報や日本政府との人的な関わりの開示まで求められた
と主張した。

IRS側は、「これは刑事事件、何十億ドルもの脱税をした重犯罪だから、どんな監査も許される」と主張した。※何十億ドルも脱税した金があったら、深田がこんなにあくせく働いているわけないでしょ。オランダとかスイスに逃亡するわ(-_-;)

で、五月に判決が出たんだけど、
「財務に関すること以外の質問は禁止。IRSは原告が脱税犯である証拠を8月1日(実質7月24日)までに提出せよ」
というものだった。

これ以来、IRSは静かになった。
そりゃそうだよね。財務に興味もなく、単に情報を収集していただけですから。
そして、この判決がよっぽど面白かったらしく、向こうの判例集みたいな雑誌に掲載されてしまった(;'∀')

そして、昨日、また弁護士から連絡があった。
「IRSが審尋に現れませんでした」
と。

なんと、IRSは法廷であれだけ「あいつは何十億ドルもの脱税犯で重犯罪者だから、緊急を要する監査が必要だったのだ~」と騒いだのに、証拠を一つも提出せずに法廷から逃げ出したのだ。

中国工作員の雑な工作活動。
無論、FBI側も中国に買収されて、これに加担しているので揉み消したくて躍起になっている。

この「犯罪者だー!」と騒ぐだけ騒いで、証拠何も示せずに最後逃げ出す姿って、なんか見たことあるよな(笑)

空港自動ゲートの危機;米国防高等研究計画局が恐れるAIへの攻撃

先日、雑誌の記事で人工知能への攻撃について書いたらボツになったので残念と思っていたけど、DARPA(米国防高等研究計画局)のカンファレンスで最もホットな話題となっていた。

日本も空港の顔認証システムが始まったところなので、開発者は知っていると思うけど我が国の政府がどこまで認識しているかは不明なので心配です。

人工知能への攻撃がかなり多岐に渡っていて、まあまあ驚きましたね。
人工知能がオープンソースだと、すぐにアルゴリズムが分かるので、認識を騙すAI攻撃ツールも官単位作れてしまいます。

下記は「顔認証攻撃眼鏡」です。

顔認証システムで写真を撮るときに、こういうサイケな眼鏡を乗せると上の写真の人が下の人に見えちゃうらしいです。
カーネギーメロン大学のAI攻撃システム カーネギーメロン大学より

Dは理解できるけど、bとcはもはや性別すら認識できていない。

こんな人間の目なら簡単に分かってしまうことが、AIには完全な目くらましとなって認識機能が著しく落ちてしまうということです。

こういうAI攻撃ツールの開発に力を入れているのは、もちろん人民解放軍。

これで、空港の顔認証ゲートとか、大丈夫なんですかね。


国防高等研究計画局のカンファレンスにアテンド

今日はサンフランシスコです。

国防高等研究計画局(DARPA)のカンファレンスでした。
話題はコレ。
http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3936.html
以前も書いたけど、人工知能に対する攻撃で認識システムが崩壊するという話でした。
各大学の人工知能の教授がハードウェア、ソフトウェアのアプローチで語り、そして、人工知能に対する攻撃の脅威について警鐘を鳴らしました。
今からミーティングなので、続きはまた後で(=´∀`)

中国による原発テロ、いよいよ動き始めたようです。

原発テロに河野太郎外相が動き始めました。

敦賀に大型巡視船を配備したようです。

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/626311

3年前に、ニュークリアフュエルジャパンが、なりすまし日本人藤井一良率いるテロリストグループによって、狙われているというブログを書きましたが、どうやらそのブログは知らない間に削除されていたので先ほど再度アップしておきました。
(藤井君へ、また消したらもう一回宣伝するから覚悟しといてね。工作とテロ活動を辞めて真面目に生きなさい)

藤井一良の父、呉也凡が人民解放軍宇宙軍でICBMの開発をしている話を数年前から書いていて、前はニュークリアフエルジャパンが狙われ、今度は日本海側が狙われているみたいですね。
(と、思わせといて、意外と台湾とかね)

二年前に、この原発テロに関する報告書を国会議員や米議員に送ってました。

==

核サミットが終わりました。

昨年、アルファアイティシステムの藤井一良(呉思国)が米軍向けの核ミサイル転用技術を詐取し、藤井の父呉也凡が従事する解放軍ミサイル開発部門に持ち込みました。

米中の知人に協力を仰いだ調査によると、横須賀米軍基地に被害を与える為に、近隣にあるグローバルニュークリアフエルジャパンをターゲットとしたテロ活動の準備を行なっている事が判明しました。大量の核燃料を保有しているのに対し、(企業側に不備があるという意味であありませんが)あまりにも無防備な状態である事に米軍向けに部材供給しているエキスパート陣も驚きを隠せない様子でした。
その旨を官邸宛てに証拠付きで報告書を提出しました。(40ページ、3万8000文字になりました)

同じ報告書のサマリーを米議員にも送付しました。


==

米議員は毎度おなじみの御馴染みのマケイン議員宛です。

毎度おなじみのサンクスレターと共に。


ただ、これ、護衛艦付けただけだと片付かない問題なんですよね。

国内に、原発テロを仕込んでいる仲間がいるのです。


それが、遠田真嗣裁判官、棚橋知子裁判官というあちら側の裁判官なのですが、裁判手続きで不正を繰り返して藤井に協力しているわけです。


例えば、夜間受付で藤井が出した訴状は37部の管轄になるはずだったのに、何故か、いつの間にか48部に移動して、素知らぬ顔で中共の犬遠田真嗣裁判官が担当していたんです。


次には、別訴として提起された訴訟が、「併合申請」無しで、他の部署から飛んできて一緒に開廷されたのです。私は裁判所で「訴訟分離の申し立て」をしましたが、「併合されてないから分離できない」と却下されました。ところが、期日は同一日時同一法廷でその場で行うという悪質な裁判官です。


原発テロ活動を幇助しているのは、遠田だけではありません。

訴訟の分離をしないという手で中国原発テログループを幇助しているのが、川勝庸史裁判官、鈴木実裁判官、金子直史裁判官です。


こういった、国内で活動するテロを幇助する裁判官を取り締まっていかなければ、外からテロを守っても、内部からやられるでしょう。


藤井一良に削除されたブログ。中国が原発テロを仕掛けた時の話。2015年11月

【番外戦1】逆襲のジョエイ

IRS(合衆国内国歳入庁)を取り扱う弁護士ジェロルド・レイトンから連絡があった。

「ジョエイキャンベルとディレクターのニック・コナーズは、君たちが関わったFBIの捜査官、他に君たちに関わった諜報機関の人間全ての名前を教えてくれたらその命令系統を辿る。

君のメッセージをIRSに送った。
『ジョエイキャンベルは私が開発したミサイルに転用可能なデュアルユース技術を盗む幇助を行い、ミサイルで横須賀にある濃縮核燃料施設を破壊しようとしているテロ活動を共産党の命令で行っているため、深田は東京地方裁判所でジョエイを相手に訴訟した。ところがIRSのビルではジョエイキャンベルはいないと言われたそうだ。いない人間からの調査に何故私たちが応じなければならないのか』

これをIRSディレクターのニコラスコナーズは脅迫だと感じたようだ。君たちが大量殺人を仄めかすとは。(この弁護士はわざと文脈を逆にしている。)

とにかく、諜報機関のエージェントの名前を言わないなら、IRSの裁判所から召喚状を出したうえでお前たち(深田も含む)を裁く」

というメッセージだ。

IRSは税務調査を装いながら、マイケルが以前に国防省向けに作ったデュアルユース技術情報を開示させようと躍起になっていた。

そして、IRSのジョエイキャンベルは本人しか謄写できないはずのアルファアイティとの訴訟記録で、マイケルの名前で深田の口座を差し押さえたことを隠し口座の発見と主張している。

やはり、ジョエイと藤井一良、梶原利之、福島みずほ、マイクホンダは関係があるのか。
そもそも日本人で日本法人を経営する私が何故IRSにここまでされるのか理解できない。

そして、深田は諜報機関に所属してる訳でもないので諜報機関の人間の名前を言えと言われても困る。

(中国のキャバクラで中国国安(諜報機関)の女性にあっち行ってと言ったら、「早大卒の低学歴女め、私は共産党エリートの国安で米国MBAホルダーだ!ボゲ!!」と言われて、喧嘩になったことはある)

覚えのある諜報機関の人間といえば、それくらいだ。

実は今年の3月に日本に向かって中国からミサイルが発射され、米国の衛星によるとそのミサイルの軌跡が残っているのが発見された。

横須賀には原発は無いと私は主張したのだが、調べてみるとミサイルの軌跡の先にあるのがニュークリアフエルジャパンの濃縮核燃料施設だったのだ。

そういえば、習近平が横須賀の核燃料施設が危ないとこないだニュースで発表していたような気がする。

警察にも散々断られてしまったので、もはや誰に相談していいのか分からない。

深田の運命やいかに、いや、もはや国民の命はいかに。

(2015/11/26今日の話)

Libor金利とSOFR金利について

Liborというインターバンク間の貸出金利の話を昨日チラリとしたんだけど。

私が現場に居た頃はリーマンショックの最中で、色んな投資銀行が死ぬと噂された時代。
Liborに参加していた銀行は金利不正操作をしていたし、Tiborも恐らく、異常に低い金利を提示しておきながら銀行間でも貸し渋りをしていた時期がありました。

でも、リーマンショックって、私が株ドル辞めて金融機関に入った頃の事だから10年も前の話なんだよね。

それを今さら追及するって言うのは、たぶん、これもトランプ政権の頭いい奴が言い始めたんだと思うけど、Liborっていうインターバンク間の貸出金利がイギリスが中心となっているのをアメリカの金利SOFRを打ち出すことによって、金利という金融業界最大の武器をアメリカの利権にしちゃうという技だと思う。

昨日も書いたけど、中国が米国債を大量に売って金利が跳ね上がると、困る人がいっぱいいるのですが、国債利回りを無視して現場の銀行が金利をしれっと操作できたら別に困らないんです。

金利を管理しようと思ったら、Libor叩いてSOFRちゅうアメリカ製金利に皆様が参加してくだされば、アメリカは金融世界で金利も牛耳れるということです(^▽^)/

トランプ賢い。

因みに、中国が米国債が暴落するほど、保有分を売るか?という疑問だけど、やっぱり難しいんじゃないかな。

トレードしたことない人はよく勘違いするけど、取引って売る人と買う人がいて成立するので、売りてだけでも買い手だけでも成立しないんです。

だって、128兆円ぶんくらいの米国債、いきなり売ったら誰が買うの?って話じゃないですか。

日本の国家予算二年分だよ。

普通の国は買えないよね。
それに、GDPランキングトップ3はアメリカ、中国、日本だもん。

中国売ったって、128兆円分買いに行ける人いないじゃん・・・

まあ、私がボンドのトレーダーだったら中国が売って暴落するんだったら米国債を買いに行くけど。だって米政府保障債なので、ちょっとでも安く買えたら裁定取引の絶好のチャンスだよ。米国政府が破産する時は、まあ、マッドマックス的な世紀末の始まりだろうと思うしね。

あと、中国の持つ米国債って、外貨準備高に組み入れられているから、128兆円分の何割か売って、米国債が仮に暴落したら中国の保有資産としての米国債の評価が棄損しちゃうわけです。

そしたら、中国経済を支える人民元の為替操作も難しくなるわけで。

いやー、トランプって、すごい賢いな。

中国が米国債を売却して、米国債が暴落したらアメリカが大儲けする理由

最近、実務を知らないけど、考えが頑固な人に説明するのは大変だと思った。


米中貿易戦争、中国がアメリカの米国債売ったら、債券暴落してアメリカの金利が上がるからアメリカはおしまいだとかいう人いるんだけど、金利の動き方って実務上はちょっと違う。



債券が暴落して金利が上がるのではなくて、利回りが上がるというふうに解釈した方が良くて、その債券価格下がることで利回りが上がると、次に発行する債券価格に影響する。



私は証券会社で仕事している時に、債券の買戻しの仕事をしてお客様の負債を圧縮していました。


それでセールストップになったのです。(自慢)


企業Aが100で発行した債券を市中から40くらいで買い集めて、お客様である企業Aに50で売ったら、証券会社は10儲かって、企業Aは100の債券を50で買い戻すので、100の負債を返済するのに50で済むわけですから、残りの50は負債圧縮益という利益になるわけです。



これは、債券で資金調達しつつも、現金を持っている企業としかできないお取引。




アメリカの場合は、国家だからお金も刷れるわけであって、中国が米国債投げ売りして、仮に半額になったら、半額の値段で買い戻して償却したら売却益が出るうえに負債の圧縮になる。


アメリカは得しちゃうわけです。



金利は、また別物で。


金利はLiborに参加する大手銀行の提示する金利の平均なのです。

で、銀行は安くお金を借りたいから、すごーく低めに金利を提示しているわけです。わざと。


これって金利の相場操縦なんだけど、たまにあるんですよ。



リーマンの時なんか各国債券の価格が下がっても、金利は低金利のままびくともしない。でも、見えている金利では借りられないんです。



自分たちの支払金利を下げて身を守る為の銀行の相場操縦です。



だから、米国債が暴落しても、Liborに参加している銀行は、しれっと低金利を提示して、貸し渋りし、民間に貸し出すときは高金利のみというダブルスタンダードをやると思うんですよ。



そういう銀行の手口を知り、証券会社が債券の買戻しをお客様の為に手伝って負債を安く圧縮しているという現場を見ていたら、中国が保有する米国債でアメリカに勝てるという考えは間違いだって分かるんだけどね。



米国債が暴落して金融危機となろうが、メガバンクは自分を守るために簡単に金利上げないと思いますよ。




絶対暴落しないとか言ってるわけでなく、色んな変数があるから単純ではないってことね。色んなプレイヤーがいて、色んな人の思惑があるので一概には言えないのです。


マシンラーニングと3Dマシンラーニング

最近は、マシンラーニングの仕事が入り始めた。

デッサンを描いていた人間として直観的に分かることだけど、単純な画像解析の限界は意外と早い。

人間の目が見るモノとカメラが見るモノは違うのだ。

人間の目は、常に脳と記憶に繋がっているので、一瞬でモノが何かが分かるけど、カメラにはセンサーしかないので光の反射を捉えることしかできない。

仕方ないので、映像を目検していたところを、機械にやらせようとするとAIぽいことをしないといけなくなる。黄色くて長くて曲がってる果物はバナナ、タイヤが四つある乗り物は車、二本足で歩行する体毛の無い動物は人間、みたいな感じでパターンを認識させてきた。

ただし、コンピューターが二次元でモノを認識する限界にやってきた。

ミニカーと車 
岩田さんのインスタから画像拝借↓
<https://www.pikcat.com/media/Bj7EqPJgxkp>

マシン的には、こういうのが典型的に難しい。

画像だけだと、二台の車に見えちゃいますが、人間の目で見ると車とミニカーが一台ずつです。

人間には形状の恒常性だけでなく、大きさの恒常性も働いているので、人間の目には簡単な認識がコンピューター君は難しいのです。

人間はモノの見え方とか距離感を脳内に情報として蓄積しているから、写真を見るだけでだいたいの奥行き感も想像できますが、PCはできないのです。

そこで、3Dの情報を付加すると、手前の車は50cmくらいのところに置いてある10cmくらいのもので、奥にあるくるまは5m先の1.5mくらいのモノだと分かります。

そうすると、大きさが違うから奥のが「車」で、手前が「ミニカー」だとマシンでも簡単に分かります。

え?
それだけ?

うん、それだけ。

それ、仕事?
うん、それだけの簡単な仕事(^▽^)

難しい部分は、奥行き情報をどう取るかなのですが、レーダーを使うとセンサーフュージョンがメンドイ。

カメラと同時にパターンライトを当てれば低誤差で立体も取れますが、屋外だと色んな光が入ってくるので難しい。

視差だけでやると、演算が重い。

という、三つのめんどくさい部分を解消するお仕事をしてます(^▽^)/

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>