FC2ブログ
  • フライトまで数時間あったので頤和園へ。 今日、何が驚きかというと、北京が晴れてたのだ。普段は歩き回れないレベルだけど、今日ならお出掛けしても喘息も出ないと思って観光へ。頤和園の入り口( ^∀^) 字が二種類ある。一つは漢字。もう一つは多分満州語カナ?モンゴル語?漢字ではない事だけは確か。思えば中国大陸、漢民族が統治していた時代って以外と少なくて、清王朝は満州族、元王朝はチンギスハンの孫だからモ... 続きを読む
  • 前回、HSKは中国語をかなり忘れてしまい、聞いても分からない、漢字の簡体字が思い出せない、中国語の資料を読む事が増えたので読解力は伸びたはずなのにゆっくり読んで間に合わなかったの三重苦となった。前回、前々回とも勉強時間が無くてテキストを開かずじまいだったので(全然勉強せずに五級まで行けた)、今回からアプリで勉強する事にした。中国での打ち合わせ中も、大連理工大学でやった聴きながら書きとりの練習だと思... 続きを読む
  • いきなりリアルタイムブログで申し訳ありませんが(・_・;病院へ搬送中の車で急に魚の骨が取れてホテルに戻りました。(・_・;アリガトー料理人の父親に甘やかされ、魚の骨に無縁な生活のままに大人になったことを反省してます。ホテルに戻ると知人達が「消毒!」と言って茅台酒を抱えて待っていたので、とりあえず消毒して部屋に戻る(・_・;なんだったんだろ、魚の骨…とりあえず、生きてます…... 続きを読む
  • 美人北朝鮮人のレストランで食事中に長江で採れた新鮮な小龍魚の骨が喉に真横に刺さってしまい。助けを求めてお手洗いへ。お手洗いの主の掃除のおばちゃんに、「魚的骨」と鏡に書いた。トイレでもがき苦しみ。最終的に病院へ行くことへ。しかも北京で(・_・;真横に刺さりました。こないだ鰻の骨が刺さった時は共産党の刺客だとFBから指摘があったので、今回は北朝鮮とでも言われそうだ(・_・;病院へ搬送中となります…有楽町の病院な... 続きを読む
  •  韓国が騒がしいのは、米国の要望により中国牽制のためのTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備決定で、朴槿恵が中国の寵愛を失ったからだと一部では言われてる。12日に北朝鮮のミサイル発射実験の後に金正男が殺されるというのは、なんか変なタイミングを感じるんだよね。これって、中国が北朝鮮のミサイル発射を観察して、THAADの対抗措置の駒に使えるから、今まで匿ってた金正恩の兄ちゃんの金正男を差し出すか。と... 続きを読む
  • 昨日は北京のホテルで商談があるので個室レストランを予約したいと頼むと、チキンレストランを勧められて、行ってみるとチキンではなく鳩レストランで仕方ないので鳩を食べた(・_・;なんか、変なレストランだった。ウェイトレスが美人なんだけど、ガサツ…中国人女性のウェイトレスなら、もっとお皿変えたりお酌してくれたりするのになと思った。気になったのがメイク。中国人女性なのにオルチャンメイク(・_・;オルチャンメイクは韓流... 続きを読む
  • 昨日の投稿で「中国に取り込まれないでくださいね」とコメントありましたが、今のところ中国側からオファーは特にも何もないです。台湾人に至っては「深田萌絵」の名前聞いただけで「危険人物」と見做されて、会う事すら拒否してくださる事態です。笑で、藤井一良(本名 呉思国)という鄧小平の孫に持ち逃げされるまでは、特に中国人とトラブルも無く、普通に生活してました。うちの設計者マイケルと仕事を始めて、台湾国民党と癒... 続きを読む
  • 深セン市に久しぶりに来たら、あまりにもピカピカで驚きました。五年前は、「え!深センのこんなところに廃墟が!?」と思ったのに、グリーン政策?か何かで街がいつの間にかヤシの木やグリーンでいっぱいの素敵な街並みに(・_・;たぶん、シンガポールのクリーングリーン政策を真似てるのでしょうが、この緑の量。とてもではないですが、あの殺伐とした町だった深センとは思えません。正直、侮ってました…夜もオシャレ。街並みもオシ... 続きを読む
  • 蓮舫から完全無視されてるwill三月号の公開質問状に困ってる深田です(・_・;仕方ないので、第二弾をやろうという話になり、出版社側がアレンジしてくださって古谷経衡さんと対談させて頂きました。古谷さんの鋭いツッコミで、「言われて見ればそうかも?」的な事に幾つも気が付きました。自伝で「毎年高級ホテルで豪遊」やテレビで豪邸公開を行なって金持ちっぷりをアピールしてる議員なんていない。との彼の指摘でハッとしましたが... 続きを読む
  • 先日は、著述家の古谷つねひらさんと対談させて頂いて、古谷さんが読書家でいらっしゃったので色々教えて頂きました。 やっぱり日本史も少しは勉強しようと思いまして、今朝から渡部昇一さんの日本の歴史シリーズを読んでます( ´∀`) 今、5巻目ですが、何故、日本国憲法が改定できるのかという大事な歴史的背景に触れられてます。 明治憲法が伊藤博文による『治外法権条項外し』の為に突貫でプロイセン王国憲法を模倣して作った... 続きを読む

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。