FC2ブログ

ババ・ガンプ・シュリンプ( ´∀`)

映画「フォレストガンプ」を知ってますか?
大好きな映画なんですが( ´∀`)
ちょっと自閉症気味のフォレストガンプが軍隊に入った時に出会った友達『ババ』から「戦争終わったら、一緒にエビを取る会社作ろう」と言われたのに、ババが死んでしまって自分でエビ会社を作りました。それが、『ババガンプシュリンプ』なんですが。
それがレストランになったらイイね!でできたレストランに行ってきました( ´∀`)

これが看板( ´∀`)

カリフォルニア名物クラムチャウダー( ´∀`)

名物ポップコーンシュリンプ( ´∀`)
生エビ怖いならこれ。

エビのジャンバラヤ( ´∀`)
スポンサーサイト



イスラエルに行って「!!」な事

イスラエル、エルサレムに行って、なんか変だな~~と思ってた(・_・;
イスラエルで一生懸命働いてるタクシーの運転手さんたち、黄色人種なんだよね。中央アジア、中東系な感じで、ユダヤ教徒。

オフィスワーカーは、白人系ユダヤ教徒。
エルサレムに行くと、アジア、中東系がお土産屋さんしてて、お客様は白人系ユダヤ教徒。
なんか、高給な仕事に就いてるのが白人系ユダヤ教徒、薄給な仕事が黄色人種系ユダヤ教徒に見えて、
「???」
と思ったけど、冷静に考えたら、オリジナルのユダヤ人って黄色人種なんだよね。肥沃な土地を求めた砂漠の放牧民の物語。
東欧のユダヤ教徒が約束の地であるイスラエルに行ったら、人種のるつぼでショック受けたという書籍が発行されてたけど、コーカソイド系ユダヤ教徒もビックリしたのだから、東の端っこにいるコケシ民族の深田が驚いたのも仕方ないと思う(・_・;
冷静に考えると、ジーザスもアジア系ユダヤ人でキリスト教は迫害されながら西に逃げたから、アッシリアが強い時代にカッパドキアとかの地下都市に隠れてたの、五年前のトルコ旅行で見てきたんだよね。
コーカソイド系ユダヤ教徒の起源を見てみると、ユダヤ教徒の国は一回滅んでしまって、バラバラに散ってったんだけど紀元7世紀頃にできたハザール王国がキリスト教とイスラム教の板挟みにあって「なんか宗教ないのか?」と迫られたので、ユダヤ教にしたという歴史の噂がある。
どうもそれが、コーカソイド系ユダヤ教徒、白人ユダヤ教徒の始まりみたいです。
で、どうも噂の金融ユダヤ教徒というのはコーカソイド系ユダヤ教徒みたいなんだよね。確かに外資金融にいたけど、中央アジアとか中東系の人、ホントに見た事ない(・_・;
イスラエルでも黄色人種系ユダヤ教徒がコーカソイド系ユダヤ教徒に差別されてるというニュースが昔あったみたいね。(ソースは朝日新聞だけど。笑)
イスラエルに行ったおかげで、トランプとオバマとハリウッドとイスラエルの関係がうっすら見えてきました( ´∀`)
また続きは今度。

赤ちゃんできました👶

赤ちゃんできました( ´∀`)


です( ´∀`)

トランプとパテントビジネスとFBI

アメリカ人とお喋りしてたよ。
トランプが警察を含む行政が個人法人を問わずにある人格に利益をもたらす為にその権力を濫用した際には『収賄とみなす』との規定を作ったらしいですが。
その背景にFBIの汚職があるみたいで(・_・;
深田萌絵と中国スパイのF35事件の時もそうでしたが、FBIが汚職してるのかのような振る舞いするんだよね。どう考えても、調べても、一般市民の深田を中国のスパイに仕立て上げようとしてFBIが米大使館職員から冷たい目で見られる事件があったんだけども(・_・;
(その後、FBIのジョンデビッドソンがどうなったかは知らない。事件当初はあんなに『ファーウェイのアイウェイがウロついてるなんてあり得ん!!イミグレで止めない日本政府は気が狂ってるから古屋圭司に言いつけてやる』と言って、キャロラインケネディも出て来て古屋圭司と日米重大犯罪なんたら協定みたいなのやってたのだが、いつの間にか中国に、抱き込まれていたようだ。別にFBIが脆弱というよりかは、中国人の人心を揺るがす能力の高さには眼を見張るものがある(・_・;))
まあ、FBIの汚職が米国本土でも酷いみたいで(・_・;
アメリカ人も薄々気が付いてたみたいだけど。
それと、パテントビジネスの何が関係あるのかというと、最近は特許で遺伝子の配列も申請できるようになったらしく。
「遺伝子の配列特許」
なる特許は、なんだか神への冒涜な気もするんだけど、そういう悪魔のビジネスに手を染め始めた会社がありまして(・_・;
何が悪魔なのかというと。
遺伝子組み替え作物って、御存知だと思うんですが、それが疫病に強く、虫にも食われないから、種が飛んでくとよその遺伝子組み替えでない作物を作ってる畑を荒らしちゃうんだよね。
まあ、荒らすというよりかは、勝手によく生えちゃうんだけど。
そうすると、遺伝子の配列特許取ってる会社がたまに作物の遺伝子検査を近隣の畑で隠れてやって、風で種が飛んでった畑のオーナーを「うちの作物の遺伝子配列を盗んだ!」と言って訴訟するらしいんです。
その時に警察に被害届けも出して、FBIが取り調べに加担して、何も知らない農家のおじさんがわたふたしてるうちに弁護士使って滅多打ちにして零細農家から賠償と称して土地を奪うというビジネスモデルを作り上げて、そこにFBIを利用していたような雰囲気?(・_・;だったんだけど。
トランプが、新しい規定を作って、警察という国家権力をある一定の個人法人に使ったら『収賄』になるとしたので、今後企業がFBI使えば、FBI担当捜査官もお縄になるという仕組みに作り変えたみたいね。それが、どの条例なのかとか、分からないけど、後で調べてみよっかな。
一昨日は、オバマサポーターという噂のシカゴマフィア本気でぶっ潰す宣言してるし、トランプってやっぱり金持ちだけあって、賢くて行動力あって、法にも精通してるんだなと思いました。
アパホテルのオーナーもやっぱり賢いんだろな(・_・;

ワルシャワ紀行と社会主義

一人ぼっちのワルシャワだったけど、それなりに楽しめたよ( ´∀`)
安いからポーランドエア使ったけど、東京へのフライトが毎日出てないという事を見落としてイスラエルでの打ち合わせが伸びたのでフライト変更したら帰りが遅くなってしまった。
一人でワルシャワをプラプラするのも退屈なので今回は珍しくガイドさん雇ったけど、かなり気の強い女性で面白かった。

政治に関心の無い最後の王様のおかげでポーランド王国が滅んだ事に怒り、ポーランドを復活させた人物に感謝し、ドイツが攻め込んできた怒りよりもロシアの裏切りに怒り、戦後の初の選挙で選んだ民主主義の大統領が無能だった怒り、その次の社会主義党から選ばれた大統領は政治に精通していてので多少マシにはなったがそれでも社会主義は最悪で戦後復興の最中に金が途切れて社会主義風の建物は途中で建設が打ち切りになって良かったと安堵し、最後には大統領は居るけど意味があるのは首相の存在だとして締めくくった。

(ポーランドの中国共産党スパイ企業ファーウェイ)
ナチスドイツよりも共産党が嫌いだなんて、なかなかシュールなツアーガイドさんだ。ソビエト連邦から贈られたワルシャワで一番高い科学館からのパノラマビューはポーランド人には最高の眺めで、何よりも共産党が建てたビルからの眺めには共産党のビルが見えないのが最高だうだ。
ポーランド人は品格がある。
かつての敵国をdisる事なく自国の文化をルネッサンスして、「ポーランド素敵でしょう」と語る。信号の無い道を渡る時には、率先して車が信号無しで自発的に停車して歩行者を優先させるなんて、なんて教育レベルが高いのだと驚きました。

(美しい建物は全て戦時破壊されたけど、再建したそうです!)
色んな国に行きましたが、信号が無い道を渡るのは命懸けで左右をキョロキョロしながら中央線まで走って一時停止、そしてまたキョロキョロしながら走らなければならないのに、ポーランドではチラリと見るだけで渡れるのだ。子供たちも安心して渡ってるね。
 
(信号なくても、子供たち大丈夫)
タクシーは、ぼったくらないので、運転手とバトル必要もない。※物価の安い国でもボッタクられるのは気分良くない。
それとチンチン電車もある( ´∀`) 

この物価で、これだけ楽しめるのに、すごくオーガナイズされていて、人も優しくて丁寧なので感動した(・_・;
外国人が日本に来たら感動する理由もよく分かるけど、ポーランドも感動する。
最後に、フライトに乗るために空港でチェックインして、イミグレを終えて、ゲートでチケットを切って飛行機に乗った。
「お客様!この飛行機じゃないですよ!」
と怒られて、警備員に追い出された(・_・;
「えー、だって、飛行機までの渡橋こっちになってるんだけどな…」
と来た渡橋を戻り、東京行きの飛行機に乗り込もうとするお客さん達に「これじゃないらしいです」と伝えて、東京行きの飛行機が見えてる渡り廊下にまで戻ったが通行止めになっていた。
他の警備員が走って来て 
「犯人は俺じゃない!」
と言って、通行止めを解いて通してくれた。
みんなでホッとして、飛行機に乗り込んだけど、イヤイヤ、やっぱり通行止めの標識間違えて置いたのはさっきの彼だなと思った。

ワルシャワのお土産☕️

滅多にお土産買わない深田ですが、珍しくお土産買いました。

旧市街地横のチャーチ前にある紅茶屋さんでフルーツティー。香り高い( ´∀`)

その並びにあるチョコレート屋さんヴェデルのチョコレートもお買い上げ( ´∀`)実は日本企業に買収されたらしいけど。
後はポーランド名産の可愛い食器。
旧市街の中にあります。

可愛い過ぎて、いっぱい買っちゃった( ´∀`)
 
お土産買うの久しぶり( ´∀`)

ワルシャワ、ポーランド人の底力

ワルシャワでGosiaというツアーガイドを頼んだんですが、ポーランド人の底力を歴史的に教えて貰って感動したよ。

ポーランドは11世紀くらいから成立して、周辺諸国からの取り合いになってきたそうで、主にドイツ系とロシアとの狭間に長年あったそうです。地政学的にも東がドイツ、西がリトアニア、ベラルーシ、ウクライナなので、どうしてもそうなりますね。

ポーランド人の何がすごいかというと西暦1800年の少し前から1918年まで、反ポーランド政策だったそうなんですがポーランド語とポーランド文化を家庭で守り続けて1918年にポーランドが共和制国家として独立した途端にポーランド人たちがポーランド文化を復興するという力強さ。感動( ´∀`)
ポーランドはカトリックだけど、他文化にも寛容なのでユダヤ教徒も多かったのでナチスドイツから攻め込まれたのが1944年。ポーランドは同盟国のロシア軍から援軍が来る事を期待していたのに、ドイツとロシアが裏で既に握っていた(!?)ようでロシアから援軍が来ない事を悟って敗戦しました。

ワルシャワは85%の建物が破壊され、屋根は殆ど残ってないのが分かります。
ワルシャワにある美しい建物の殆どは、戦後に再興されたものだというのが、ポーランド人の誇り高さを感じますね!国家に対する誇りが、アイデンティティの一つになってるみたい。 

「これ全部戦後に建てたの!?ポーランドは建築家凄いんだね!」
と驚くと、ガイドのゴーシャが、
「ポーランドは建築家は凄くないよ。イタリア人の建築家使ってるから。でも、言うなれば大工が凄いかもね建設技術はあるから。笑」
と笑ってた。
けっこうシュールなガイドさんで、
「これは、芸術に関心の高いポーランド王国最後の王様の夏の宮殿。政治への関心が低いからポーランド王国最後の王となったのは間違いないわ!」 
と弱い王様には批判的。笑。そらそーだ。国民守る仕事をせよと思いますな(・_・;

こちら、イスラエルとの友好の証のプラスチックのパインツリーアート。アーティストが数週間だけ展示の為に作ったけど、ワルシャワ市民が気に入ったので残してるらしい( ´∀`)
ポーランドは、戦時に六百万人もの人命が失われたそうです。
85%破壊されても、戦後に戦前の建築を再建させるって凄い事だよね。

このチャーチも再建されたもので、裏側には。

ナチスの戦車「ゴリアテ」にやられたと刻まれていて、そのキャタピラ部分がはめ込まれてます。
ところでゴリアテって(・_・;

例のユダヤ人を奴隷化したペリシテ人最強の戦士の名前だけど、戦車にわざわざそんな名前付けるとかヒトラーもかなり歴史詳しいんだね。
宮崎駿のラピュタに出てくるゴリアテもこれが起源らしいです(・_・;
皮肉に皮肉を重ねると、二重否定で力強い肯定なのか何なのか意味が分からなくなってきますね。
しかし、『ゴリアテ』っていう羊飼いの投石一撃でやられる縁起悪い名前使うとかちょっとセンス無いかも。
世界平和の為に、グローバル思想は捨ててお互い国境守って、時々、お邪魔します程度の国際関係が良いかもしれないですね。

ワルシャワはスタバよりコスタコーヒーのが多い。ラテはスタバよりデカくて300円。
深田萌絵ワルシャワ紀行でした。(・_・;

テリーゴウ、東芝出資に関心と報道

一年前から言及していたと思いますが、やっぱりシャシャリ出てきましたテリーゴウ。

これもおかしな事にシャープ同様、追加融資を断ってるのがどうも三菱東京UFJ銀行で、中国共産党の為に日本の大企業を追い詰める仕事を取締役会長平野信行が率先して一役買ってる。
テリーゴウが東芝、日立、NECに興味があると一年前から言及していましたし、特に東芝は韓国人というよりも手口としては中国人の手口でメモリ技術が盗まれてる訳です。
こんなのを放置してる日本政府が信じられない。公正取引委員会なんかは、手助けまでして独禁法で定められた申告を行なった私には返信すらありません。
不正を行なっているのは明らかなのに、それを放置してる公正取引委員会を取り締まる方法はないのかしら?
引用記事↓
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170127-00155652-toyo-bus_all

月刊willアマゾンベストセラー

月刊willがアマゾン政治雑誌のベストセラー1位みたいです。
蓮舫さん、ファミリーストーリーの辻褄が合わず、戦中の日本軍とも癒着、国民党とも癒着、戦後の自民党とも癒着、最近の蓮舫さんとこには日中友好協会会長が表敬訪問という事態で、普通に「あの~、なんでそんなにすごいんですか?(・_・;」という思いますよね。

ポーランド、ワルシャワのアンミラ?

仕事でワルシャワへ(・_・;
昨日、ポーランド料理屋さんに入ったら、当たって全身蕁麻疹に(>_<)食材古い気がした。
今日はミーティングで、終わってから旧市街プラプラして、抜けたところに美少女がいた。

左はベッキーとクリスティンダンストの間くらいの美少女。右は若い時のナタリーポートマンがロシア式になった感じ。
ここはポーランド家庭料理のお店みたい。

Zapiecekっていうお店。アンミラみたいなお店のポーランド版で、全員美少女がポーランド民族衣装的な服を着てお出迎えしてくれるんだけど、脚が美しいんだよね。
オーダーは、ポーランド家庭料理の餃子とスープ。昨日はポーランド餃子不味いと思ったけど、ここは美味しかった( ´∀`)

おすすめは、ポークとマッシュルームと野菜の餃子。チーズの餃子も三種類あったけど、甘いチーズの餃子は食事には合わないし、他のチーズ餃子はアラフォーの胃には重くて完食できず(・_・;
飲み物はビールも良いんだけど、甘くてシナモンもクローブとオレンジの入ったナゾのホットドリンクにラム酒を淹れるドリンクがやたら美味しかったよ。

イスラエル、ポーランドに来てから、乳製品に当たるのか分からないけど、やたら蕁麻疹ですがこのお店は大丈夫だったよ。
しかも、なんか安かった。
お腹いっぱい食べて一人二千円くらい( ´∀`)
プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>