FC2ブログ

薬物立国台湾


昨日は台湾で驚きのニュースが出ました。
驚爆新聞の三立新聞台で、台湾が薬物立国だというニュースが流れました。

蒋介石は上海疎開地で暗躍していた青幇の杜月正と組んで、当時の北京政府の予算の3分の一ほどの年収を上げていたそうです。

現在、台湾人口2300万人のうちの400万人が薬物中毒だそうです。

薬物立国台湾
スポンサーサイト



台湾帰化人(米)によるスパイ活動逮捕事件

14歳で米国人に帰化した台湾人エドワードリン少佐が海軍偵察機の指揮官となり、スパイ活動を台湾政府と中国政府の為に行なっていたいう罪で逮捕されました。
米軍の情報を中国人の彼女に渡していたそうです。
昨日、台湾総統の馬英九が「台湾はスパイ活動していません」と宣言したところでしたが、この後どうなっちゃうんでしょうね。
ニュースによると、軍で働く帰化人のスパイ化は米国でも懸念されていたそうです。
というか、台湾人のスパイのご主人さまが台湾政府と中国政府であるというところが、さもありなん。
やっぱり一つのチャイナだったの?と首を傾げてしまいそうですね。
http://www.nytimes.com/2016/04/12/world/asia/navy-officer-china-edward-lin-espionage.htmlニューヨークタイムズの記事 エドワードリン
https://www.washingtonpost.com/news/checkpoint/wp/2016/04/11/the-fall-of-edward-lin-the-navy-pilot-accused-of-espionage-and-patronizing-a-prostitute/

【図解シャープ パナマ文書】鴻海精密工業の隠し資金約2.4兆円

【図解シャープ パナマ文書】
パナマ文書 シャープ買収事件渦中の鴻海精密工業もリークされました。
アップルデイリーによると申告されていない営業収入は7412億台湾ドル、日本円にしておおよそ2.4兆円も資産が隠されていることになります。
テリー・ゴウはこの件について記事を書いた人物は全員訴訟して、投獄してやると豪語しています。(既に新聞記者は何名か訴訟され、一人は投獄されたようです)
シャープ買収事件では、引受先が鴻海精密工業でなくて鴻海とその関連会社だという風に報道されていましたが、蓋を開けてみると鴻海の連結対象から外れた会社(フォックスコンテクノロジー)、鴻海100%保有だがパナマ文書に掲載されている資金隠しの会社(フォックスコンFE)、投資会社が株主のSIOインターナショナル(テリー・ゴウが実質支配だと報告されているが事実関係が確認できる書類は未公表)等が混ざっています。
鴻海はなぜシャープを買収しようとしながら連結から外しているのでしょうか。
何故、資産隠し渦中のケイマン法人フォックスコンFEを経由する必要があるのでしょうか。そして、そのメインバンクが三菱東京UFJ銀行であるのは何故でしょうか。三菱東京UFJ銀行はフォックスコンの資産隠しを知っていたのでしょうか。
堺ディスプレイプロダクトは、鴻海とは全く資本関係が無いので台湾で上場している鴻海の貸借対照表には一切影響はありません。
本気でシャープを再生する気があるならば、何故、鴻海から連結を外すのでしょうか。鴻海と全く関係の無い堺ディスプレイはどうなるのでしょうか。
鴻海はテリー・ゴウの会社で、そのテリー・ゴウが株を持っている会社が買っているから別にいいじゃんというコメントを頂きましたが、鴻海は上場企業なので株主のものです。鴻海からテリー・ゴウが去れば、SIOに割り当てられた堺ディスプレイ株式37%や、シャープからSIOに割り当てられるシャープ株式は鴻海の資産では無くなります。その為、厳密には鴻海精密工業がシャープを買ったとは言えず、鴻海と鴻海の関係会社と、董事長テリー・ゴウが個人的に出資する投資会社から更に出資を受けた会社が引き受けているということになるので、私たちがパッとイメージしている買収とは仕組みが全く異なってきます。
今の状態で6月28日以降から実際に株式を取得したとしても、鴻海の決算とは関係ないのでシャープに万一の事があっても何の影響もありません。テリー・ゴウ自身、台湾メディアには「シャープを買収しても鴻海のキャッシュも使わないし、決算にも一切関係しない」と宣言していました。
どうして、そうする必要があるのか。
推して計るべしというところなのでしょうか。
※アップルデイリーでは鴻海と報じられていて、私がパナマ文書を見た限りではフォックスコンFEしか見つけられませんでした。ただし、フォックスコンFEは鴻海精密工業100%だとシャープのリリースにあります。
下記は4月8日にFacebookでアップした記事です。
持ち株比率関係が分かります。
===
ICIJのオフショアリークのデータベースを見ていると、シャープの引受先フォックスコンFEの名前が挙がってました。
引受先①鴻海精密工業 それは分かる
引受先②フォックスコンFE ケイマン法人でパナマ文書の渦中
鴻海関連企業の会社の資本構成が複雑すぎて、シャープのIRリリースを見ても、何がどうなればこうなるのかよく分かりません。
引受先③SIOインターナショナルシンガポール法人
堺ディスプレイプロダクトの株主SIOは間接的にテリーゴウ様が74%保有しているとリリースには書いていますが、株主は下記です。
SIOの株主
Ri Quan Investment co.,ltd 14.66%
Hong Han Investment Co.,ltd 14.54%
Lian Ju Investment Co.,ltd 14.52%
Yung Li Investment co.,ltd 12.73%
Hong Wei Investment 6.67%
合計63.12%
※シャープリリースによると、テリーゴウが直接・間接的に74.18%
残り25.82%は鴻海とテリーゴウ以外が保有
引受先④フォックスコンテクノロジー シンガポール法人
鴻海が10.09%出資する鴻準が100%保有するQ-RUNホールディングス(②と同じ住所)が100%保有する法人。ただし、鴻海は間接的に29.59%保有しているとのことです。
複雑すぎて、ちょっと理解できませんね。
パナマ文書シャープ買収map
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120160329445343.pdf
https://offshoreleaks.icij.org/search

【場外戦23パナマ文書】東京地裁虚偽裁判と資金洗浄

【パナマ文書】東京地裁虚偽裁判と資金洗浄
台湾のテレビニュースで、パナマ文書の件が取りざたされています。
今回、約21万件分の文書が漏えいしたのですが、そのうち1.6万件が台湾に関するものだそうです。地球の人口の0.004%程度しか占めない台湾人が、資産隠し文書の7.6%を占めるという統計的異常事態です。(笑)
台湾のテレビニュース正晶時限で取沙汰されている理由は、多くが台湾企業や青幇関連だからだということのようです。驚くべきことは、台湾行政院の資金がパナマで情報非開示化されているという事態で、日本で例えると日本の省庁から出る基金がオフショア化されて透明性が失われたというような事態です。
下記がパナマ文書から出た台湾企業やら青幇関連企業の一覧です。(アップルデイリー)
大手半導体会社Winbondもバッチリ入っています。瑞銀はみずほ銀行ではなく、UBS銀行台湾支店のようです。
◎技術系:台積電、華碩、揚智、日月光、崇越、勝華、華邦電、華義、樂陞、國巨等
◎産業:復興航空、味全、宏全、台苯、裕隆汽車、永豐紙業、陽明海運等
◎金融:瑞銀台灣分公司、台工銀、中國信託境外分支機構
◎官方:行政院國發基金
引用元:http://m.appledaily.com.tw/appledaily/article/headline/20160405/37146519
習近平一族の名前も挙がっていて、その資産総額はなんと数兆人民元と日本の国家予算レベルの私財を蓄えているという驚愕の事実までもが公開されており、汚職一掃で汚職官僚の死刑から私刑まで行なってきた習近平政権には打撃となることは間違いありません。不満分子も爆発するのではないでしょうか。無論、パナマ文書に関しては中国国内では検索できないように対処され、習近平はこれを「米国政府の陰謀だ」として非難しています。
確かにリークされた文書を見ると、米国と日本の名前は殆ど上がってきません。(文書内に、日本アジア投資では無かろうかという会社の名前とライトン(日本ライトンの親玉会社)は見かけましたが・・・)
この資金洗浄は裁判所を利用しているので合法化できるというスキームを使っているという驚きの事実です。
台湾テレビニュースで、「アジアの先進国の首都にある裁判所を利用し、事前に用意された裁判官と弁護士を使えば原告になろうと被告になろうと望んだとおりの判決が出る。事前に指定された額面と支払先が判決として出るので、被告は裁判所の指定によって合法に資産を移転できる」と報道されました。裁判所を利用した資金洗浄という複雑なスキームです。
訴状の提出を夜間に行うと、望みの部署の指定した裁判官を選べるというシステムで、それに関与した裁判官と受付はそれぞれ数万ドルから数十万ドルの見返りがオフショアの銀行口座に振り込まれるそうです。それに関与している裁判官や職員の人数はなんと120人だそうです。
かなりぼかした表現だったのですが、アジアにある先進国は非常に優れていてクリーンなイメージがあるので、まさかこの国の裁判所がそんなに汚職だらけだとはというリアクションでした。なんでも民事裁判の方は裁判員制ではないので、裁判官と職員だけ抱き込めば楽勝らしいです。
可能性としては、日本、韓国、台湾くらいでしょうが、韓国と台湾で汚職裁判が行われていても驚く人はそんなにいないかもしれません。その国の首都にある裁判所って?と考えると。
もしや、東京地方裁判所では?
と思いました。
藤井一良(呉思国)と梶原利之弁護士の私に対する訴訟の訴状提出は常に夜間に行われていて、受付時の印鑑を見ると37部なのに夜が明けたら48部に変わっているという事件がありました。梶原利之弁護士は裁判員裁判制度大反対で論文まで書いちゃってます。
そして、私が提起した訴訟2件は三上乃理子裁判官が担当すると全く始まらない。1年経っても始まらない訴訟なんて聞いたこともありません。何の魂胆も無く偶然こんなことがおこるでしょうか。
そして、私が東京地裁48部で提起した申し立ては決定も出さずに隠匿され、電話一本で「あの件、無くなりました。書面は発行しません」と藤井伸司書記官から言われました。(裁判官は金子直史(帰化人)、今泉さやか、池田幸司の三名)
台湾のニュースで流れている内容と、自分が体験している内容が妙に一致するのです。
それでは、東京地裁を使って資金洗浄を行なえる藤井一良とは何者だったのかということになります。
彼の母親の名前は鄧玉華、鄧小平の愛人の娘で中共宣伝部下部組織広電総局の処長だったのです。
続く

カルト集団関公の神様テリーゴウはパナソニックとキャノンの買収に挑む?

台湾のテレビニュースで高橋興三社長が中国企業の社長になると報じられました。
高橋社長とテリーゴウが首から下げている金色のストールは、カルト宗教関公の関羽より神様に選ばれた証で、高橋社長は台湾で神様になったというわけです。

エルピーダメモリの坂本幸雄と全く同じ構造で、会社を潰して中国に渡せばご褒美が貰えるシステムを日本が堅持している限り、日本の雇われ大企業の社長はどんどん企業ごと身売りしていくでしょう。

テリーゴウに関するニュースによると、下記を豪語しています。

・オリンピック委員会のメンバーになり、日本のオリンピック予算を支配する。
・パナソニックを買収し、オリンピック向け事業はホンハイが行なう。
・キャノンを買収する。
・日本の民進党をサポートしているので大臣になる。
・マイナス金利なので、メガバンクから金を借りまくって金利を稼ぐ

です。

日本政府は沈黙を貫いています。

シャープ内部からは、「まだ出資金の払い込みも終わっていないのに、既に経営に関与している」「シャープを売って、中国企業の社長になるなんて、何の裏取引をしたんだ?」との不満の声が出ています。


通常の買収だと、払い込みが終わってからです。


シャープ高橋元社長

(引用元)
http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/recommend/20160405/831564/%E3%80%90%E9%B4%BB%E5%A4%8F%E6%88%80%E3%80%91%E5%88%A9%E7%8E%87%E5%8C%AF%E7%8E%87%E5%85%A9%E9%A0%AD%E8%B3%BA%E3%80%80%E9%83%AD%E8%91%A3%E8%B2%B7%E5%A4%8F%E6%99%AE%E8%B6%85%E5%90%88%E7%AE%97

http://m.appledaily.com.tw/appledaily/article/finance/20160405/37146303

三上乃理子中共裁判官について

東京地方裁判所で、藤井一良の父親呉也凡による核燃料施設を狙ったテロを訴えた国賠と、呉也凡がFBIに働きかけて行った税務監査に対する訴訟の二本立ての訴訟を提起した。

のが大よそ一年前。

で、一年経ったけどこの訴訟がサッパリ始まらない。

で、調べてみたら裁判官が期日が始まらない訴訟二つとも三上乃理子という裁判官だった。

金貰ってるんだろうな。。。

通常は、訴訟とは提起したら一カ月程度で期日が決まるのですが、三上乃理子の担当だけ始まらない。
上智大学で民事訴訟実務の基礎とか教えているが、たぶん現実裁判でこれだけデタラメやっているのだから授業の内容もほぼデタラメだろう。

上智大学もよくこんなの雇うよね。

http://www.sophialaw.jp/teacher/part_time.html
プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>