記事一覧

第17回戦追記 台湾国民党と青幇の歴史

中国には無数の暴力団、幇が存在する。幇は日本で言うところのなんとか組みたいなもので、違うとすれば複数の幇に同時に所属する事ができるところだ。中国共産党、江沢民時代までは上海幇と呼ばれる幇の構成員が強かったが今は習近平によって一掃されてしまっている。https://ja.m.wikipedia.org/wiki/上海幇有名どころで四海幇や竹連幇などもある。https://ja.m.wikipedia.org/wiki/四海幇https://ja.m.wikipedia.org/wiki/竹聯幇...

続きを読む

第16回戦追記 犯罪人引渡し条約と台湾

死刑制度のある日本と逃亡犯引渡し条約を結んでいる外国は少なく、意外だが米国と韓国しかない。無論、表上は国家とは認められない台湾とそんな条約を日本は結ぶはずもないのだ。https://ja.m.wikipedia.org/wiki/犯罪人引渡し条約今回、台湾調査局はマイケルを探して実力行使に出てきた。ここでポイントになるのは、何故台湾当局は外務省経由で国際警察を通じて日本の警察に協力を要請せずに台湾調査局を送り込んできたのかという...

続きを読む

第16回戦 逃亡犯

「エリちゃん!」月曜朝9時。深田はオフィスに駆け込むなり、エリを呼んだ。呼ばなくても、エリとバイトのこけししかいないのだが。「萌絵さん、どうしたんですか?」「マイケルが裁判の日から、全く連絡が取れない」「エエ!!本当ですか?」「台湾調査局には捕まってないはずなんだけど…」とは言うものの、深田は不安だった。「そうだ、マイケルさんの部屋の鍵を預かってますから、一緒に部屋に行ってみましょうよ。何か分かる...

続きを読む

【場外戦⒋】三菱東京UFJ支店長による横領裁判に勝った!!

三菱東京UFJ銀行新宿中央支店長田中靖士による深田の銀行口座無断引き出し事件で勝ちました(^∇^)判決文の内容を纏めると、こんな感じ。すごい難しかったから、間違ってたらゴメン!外人と深田は別人だと一目みれば分かるでしょ。(東京裁判所の仮差押命令悪用しちゃいけないでしょ。これは、私の気持ち)仮差押命令受けても深田が銀行に対して訴訟を起こす権利が無くなる訳じゃ無いって考えれば分かるよね。だから、深田さ...

続きを読む

【場外戦】2昨日の裁判官の質問

ストレスで顔のパーツがおかしくなったので、エステで調整中。昨日、証人尋問で裁判官から質問がありました。「創立の経緯を教えてください」でした。私の答えは、「2011年3月11日に原発事故があり、発電所内のカメラのチップが放射線で壊れて動かなくなりました。それを解決する為に、以前から知っていたマイケル(仮名)の技術を使えば、耐放射線チップで遠隔で発電所内を監視できるカメラを作ることができると思ったから...

続きを読む

第15回戦 マイケル逮捕命令

「深田様、警備の者です」マンションの警備員が深田の部屋の扉の向こうから声を掛けた。結局、深田はインターホンに応答せずに、不審者が居ると警備員を呼んだのだ。「どうでしたか?」「男性は、深田様に書類を届けに来ただけだと仰って帰られました」「帰った。その書類は受け取られましたか」 「いえ、そのままお帰りになりました」  「書類を持ってきて、書類を預けずに帰ったの?」 深田が確認すると警備...

続きを読む

将棋指しさんへ

Facebookのアカウント見たら三つ将棋指しさんの名前のアカウントがあってどれが本物か分かりませんでした。良かったら、そっちから友達申請してくださいね。あと、一般ブログ読者さんもご自由に申請してくださいませ^ - ^...

続きを読む

第14回戦 マイケルを捕まえろ!

アルファアイティーシステム社長、藤井一良からの訴え、第一回期日が始まった。法人取引だったのに、藤井は私とマイケルを個人で訴えてくるという卑怯な手段を取ってきていた。「法人取引だろうが」契約書を読み返しながら深田は裁判所へ向かう準備をしていたが、肝心のマイケルの姿がない。「エリちゃん、マイケルまだだよね?」「いま、マイケルさんと電話中です」エリは受話器を深田に渡した。「マイケル、遅刻するよ。どこにい...

続きを読む

第13回戦 追記 サービス貿易協定と衛星攻撃兵器

馬英九が習近平の為に締結した両岸サービス貿易協定はブラックボックス協定だと、識者から批判を浴びた。台湾の国民党議員の親戚に、10代の非武装学生に対して武力行使とか酷いねと話すと、「彼らは左翼に洗脳された可哀想な子供たちだ」と答えた。そう、台湾においては中国共産党は右、保守は左になってしまったのである。それに気が付いた台湾ローカルメディアでは、共産党のことを右翼と揶揄するようになった。さて、サービス...

続きを読む

第13回戦 ネットワーク網完全制御戦争

オフィスに入ると、台湾語と中国語のアナウンスが流れてる。マイケルが腕組みして目を瞑り、台湾の政治番組を聴いてるのだ。以前、マイケルに聴いたことがある。どうして、台湾に帰らないのかと。彼は、自分が馬英九の軍事技術密輸事件の証人だから、国民党が政権である限り台湾に入れば殺されてしまうと答えた。マイケルは毎朝台湾の政治番組を観ている。口には出さないが、国民党政権が野党となり、台湾に帰れる日を待っているの...

続きを読む

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ