FC2ブログ

縦 と 横


男は縦に派閥を作り、女は横につるむ。

権威に従わなければ男は群れからは追い出され、

同調できなければ女はつるむことはできない。



たまには、一人でいいんじゃないですか?
スポンサーサイト



it's a


photo:01



photo:02



photo:03



beautiful day.

朝ごはん


photo:01



最近はホテルでも食べ過ぎ無いように、ヘルシーな朝ご飯を心掛けてます。

三十越えると太り易いから囧rz

と言いつつ、35歳のお誕生日会を例年のごとくオテル・ドゥ・ミクニで内輪でやろうと友達と相談中ですひらめき電球

ミクニさん、美味しいから食べ過ぎちゃいそうだなぁ。

年下の男の子と倦怠期


年下の男の子たちにけっこうしたわれています。

彼らがよってくるのは、恋愛相談をする女性の友達が少ないからということもあるみたいですね。


皆さん30歳手前とお年頃で、長年付き合ってきた彼女と別れるか結婚するかの境目に差し掛かってきたと思います。


ここで問題に上がるのは、長年付き合ってきた家事などをしてくれる地味な彼女と、自分のことを気に入ってくれている美人のどちらかに絞らないといけなさそうな状況になっているみたい。


どちらからも結婚を望まれてて、かなりプレッシャーをかけられているみたいなんだけど、古い彼女は恋愛感情はなくてむしろ情が移っている。新しい女性には女性としての魅力を感じるのに、古い彼女にはそれがない。


確かに難しい問題だよね。

情があっても愛がなければ、結婚後に帰らぬ夫となるのは目に見えてるし。

もともと出張の多い仕事なら、妻に魅力が無ければ結局不倫の果てに離婚して再婚なんていうハメになりかねないしね。


「古い彼女はすっかり太って、服も適当だしすっぴんだし、女性としての魅力を感じないから、何とかして欲しいと言ってるんだけど治らないんです。あー、僕はどうしたらいーんだー」


と彼は嘆いた。


なんだろう。

結婚って面倒くさいから、愛がないと辛いと思うな。

妻に魅力を感じなければ、一生悶々として過ごす羽目になるわけだしね。


「女としての魅力を感じなくなった」

って言われて冷却期間を置かれたら、私だったらショックでダイエットとトレーニングでボディ引き締めて化粧して綺麗な服を着て会いにいくけどなあ。



そうか、結婚ラッシュかと思ったら、一方では倦怠期ラッシュなんてものもあるんだな。

さ、恋愛は置いといて私も出張に行かなきゃだ。

My life without me

今まで色んな映画を見てきましたが、自分はこうなれたらいいなという映画は「My life without me」です。



キャンピングカー暮らしの貧乏な結婚生活を送っている女性がガンを宣告され、子供と夫のために新しい妻となってくれる同じ名前の女性をそれとなく夫に進めて死んでいくという物語です。


愛する人達の幸せを願って、扉の一枚向こうで新しい女性と夫と子供たちが戯れている声を聞きながら静かに息を引き取るという死に方を自分も選べるようになりたいです。


明日からまた出張。


いつ帰ってくるかはまだ確定していません。


バレンタイン


今朝、ボヤッとしてたらビスコを知らない人に貰った。

「なんですか?」

とビスコを握りしめたら、

「バレンタインなのでどうぞ!」

とお姉さんが満面の笑みだった。

そうか。。。

世の中そうなのか、

photo:01



バレンタイン気分をせめて味わおうと、仕事の合間にシャンパーニュを頂いた。

人生で一番記憶に残っているのは、五才の時のバレンタインだなぁ、と思い返したよ。

彼にダイヤを期待していたあの若き日々。

絶対告訴します。


photo:01



確定申告=中国語で『絶対告訴』します。という意味です。

もうすぐテストだなぁ。

六万円の魔法瓶

朝の幸せ

photo:01



ドトールのコーヒー。
気が付いたかもしれませんが、魔法瓶もあります。象印マホービンにはお湯を入れてます。

魔法瓶といえば、ドラマ、プライスレス。最初の六話までは面白いけど、その後は魔法瓶が六万円でも売れまくるという無理な展開だったなぁ。

現代ビジネスドラマなら、魔法瓶じゃなくて他の家電があるだろうに。

例えば、掃除機一万円で売ってるけど、ルンバみたいなのを発明して十万円の人工知能搭載型掃除機とかなら視聴者も納得できたと思うんだけどね。

今時の工場はほぼオートメーションなので、本社の人間が工場で手伝えるような作業も無いし、なんか至るところでリアリティが無かったなぁ。


不景気なのに六万円の魔法瓶はちょっと…

photo:02



と振り返ると、グリーン車は自分以外いなかった。。。

指定席が満席だったから仕方なくグリーン取りましたが、どうやらこれが日本の実態経済が。







クラスメイト


早稲田のクラスメイトとお茶してます。

photo:01



photo:02




もう一度、彼女の力を借りたいってお願いした。難しい仕事だから、知的な貴女にしかお願いできないってね。

気が付いたらすっかり夕方だ。

さ、打ち合わせに行かなきゃ!

上司と不倫


出張の時にバーゲンで買ったヨーロッパブランドのダウンコートが大き過ぎたので、アシスタントにあげました。

ブランドに興味無い彼女ですが、暖かいと大喜びしてました。

暫くして、彼女が同窓会に出た後、

「このコート着て行ったら、『なんでお前がそんな高級コート着てるんだ!!』って聞かれて、上司にもらったって言ったら、『なんだ、お前は上司と不倫してるのか?!』と皆に問い詰められました( ;´Д`)」

と連絡がありました。

みんな色んなこと考えるんだなぁ。
プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>