FC2ブログ

仕手株屋と仕手株化する企業

株アイドル時代から仕手株大嫌い!!で、仕手株には絶対に手を出さないでと口うるさく言ってました。(間違えて買ったこともあるけど)
理由は仕手株は暴力団の資金源なので、仕手株を買うと間接的に暴力団の手助けしてることになるんです。

この株があがる。
という風説で株価上がって、どうもホントじゃなかったらしいということで株価が下がるの繰り返し。
上のチャートはどこの企業とかでなく、単なる一例ですが急に上がって急に下がるので上ヒゲ下ヒゲを付けた激しい動きになるのが特徴。
株価上昇の根拠が無いので、上がったあとにほとんど元の株価まで戻ってしまうことが多いです。
仕手株というと、私が株アイドル当時のライブドアも酷かった。
「株式を10分割します」
という発表で、仕手株屋が「株分割で株価が上がる」というデマを流すので、何も知らない個人投資家は「分割=株価上がる」と勘違いしていた時期もあります。
株式分割は理論的に、一つのものを割るので割った数に等しくなります。
例えば、千円の株式を10分割すると、千円割る10なので、理論株価は100円です。
こんな当たり前のことを言わずに個人投資家に儲かると「錯誤」させて、株価を吊り上げて売りの玉をぶつける。(仕手株の売り玉をぶつけるというのは、個人投資家を騙して買いオーダーをどんどん入れさせてから仕手屋の持ち株の売りオーダーを消化するということです)
そして、こんなデタラメ解説も流布されてます(・_・;
==引用始まり====

==引用終わり===
M&Aは必ずしも好材料ではない。仮に赤字企業買ったら、買収に対するキャッシュアウトに赤字運営する分収益マイナスとリスク要因にもなるので一概には好材料とは言えないです、
株式分割は先ほど言及したとおり、株価が上がる理由にすらなりません。
理論的に破綻しているので、風説の流布と言われても仕方がない。でも、普通はそれだけでなかなか逮捕ということにはならないような気がします。
これに加えて有価証券虚偽記載ですから、実刑食らうだけのことはあるわけです。
仕手株って色々な銘柄があるのですが、私はリサーチハウス時代に「なんで、自分の会社の株が仕手株化してるのに社長は無関心なの?」と思っていました。
が。
この業界に入って分かりました。
結局、仕手株屋と仕手株企業って表裏一体なんですよね。
グルだからこそ、できるワザなんです。
スポンサーサイト



年金払っても反映されていない事件の結末。

前にチラッと書いて、怒りに任せてブログを書くのはよくないなと反省して消した件の続きです。 何に頭に来たかというと。 

 払った年金が消えていた  

というだけのことで、心の狭い私はムカつきました。 

で、どうしてプチキレたのかというと、年金事務所がしらばっくれたからですね。

証拠の年金支払い領収書を突き付けて
「領収書、取ってますけど!」
と言ったら、
「じゃあ、返金します」
となり、
「払い込まれてないってシラ切ってたのはなんなの?」
と聞いたら、
「払い込まれてないんですが、入金記録はあります」
という意味不明の回答で、すったもんだしました。
(払ったお金が消えるとか、いやですからね)

で、謝罪のお手紙が来ました。
  fc2blog_201706101022402f0.jpg 
これを持って、年金を払いにコンビニに行って、
「これ見てよ~、かくかくしかじかで~」
とコンビニの店員さんにお手紙見せたら、

「私も前の会社二年分が反映されていませんでした」

と店員さんも衝撃の告白。

「それ、最近の話?」

「はい、数年前です」

と答えた。

彼女もすったもんだの末に支払った証拠を持って年金事務所に押しかけたら、ついに払い込みを認めたと言っていました。

皆さん。年金払った領収書、ホッチキスで年金手帳に張り付けておいてね!!!

そして、今年金払っている皆さん、時々年金事務所に連絡して、ちゃんと反映されているか確認してくださいね!

本当に、年金事務所は杜撰で、態度も横柄で、無責任な嘘と誤魔化しで国民を騙そうとしていますから!

(カテゴリ、隣の投資詐欺に分類しましたwもう年金詐欺だけは勘弁して!)

中国 オフショア開発拠点のリスク

2000年代は中国ブームで、誰しもが中国を目指しましたが、そのブームも去ったようです。

かくいう私も中国が大好きで、小学生の時に「らんま2分の1」を見てから、NHKの中国語会話を見入り、高校生で漢詩にハマり、20代は何度か中国語学留学もし、最近では老子の原文にハマるという中国大好きっ子です。

中国にも友達が数名いて、最近、日本人の戸籍を乗っ取った中国人と揉めていたのですが、その成り済まし日本人の本当の戸籍を提供してくれたのも良い中国人の友達です。

その良い中国人の友達も中国ブームが去ったことを懸念しています。

何故、中国ブームが去ったのか。
中国はリスクが多すぎるからです。

1.魚釣島デモ発生による在中日本人が標的になるという治安悪化
その後、沈静化しましたが、中国軍艦が日本海域侵犯を行なう等、挑発行為も多発し、万一の事を考えないといけない状態になりました。

2.中国人の人件費の急騰で採算が合わなくなった
深センで働く知人の中国人女性(営業)の初任給ですが、年収200万円程度。
日本の大卒初任給とほぼ変わりません。

3.インチキばっかりで結局日本人は儲からない
人件費が安かった時代の中国は魅力でしたが、結論から言うと人件費が上がると何の魅力も無くなってしまったという面もあります。ちょっとでも儲かれば、「家賃上がりました」と家賃を倍にしたと大家が駈け込んでくる。税務署も来る。税務署も、偽物税務署も多く、いったいどの税務署が本物か分からないという面があります。

4.中国で開発すると、発注者が製品リリースする前に偽物が出回る。
中国で開発を行なうと付きものなのが偽物。20年ほど前までは、本物が出てから偽物は出てきましたが、10年ほど前から本物メーカーが新製品を出す前に開発委託した中国人からメーカーブランドの偽物新製品がブラックマーケットに出回るようになりました。昨今では、発注者の開発中の物をコピーして、別の大手ブランドから販売をするという新手の犯罪も流行しているそうです。

5.言語の壁
人件費が同じなら、何故、言語の壁を抱える必要があるのでしょうか。

6.政府がめちゃくちゃであるというリスク
政府発行債が召喚されないというリスクばかりでなく、現地での合弁解消など撤退するにも政府が介入して莫大な金をとり、いくら儲かったとしても外国人には全くお金が残りません。

7.納品物がコピー品であるリスク
中国で発注した製品やソフトウェアがコピー品であるというリスクです。もちろん、他日本企業からコピーしたものであれば、訴訟をされるのは販売元である自分になるかもしれないとうリスクは十分あります。弊社もソースコードを成り済まし日本人に騙されて預けたら、日本企業から発売されてしまった為、開発費の回収には至っておらず現在証拠固めの調査中です。

8.そもそも国籍が偽物であるリスク
取引の際に気を付けなければならないのは、取引相手の国籍すら偽物であるというリスクです。中国は何でもありの楽しい国ですから、自称日本人コンサルタントが日本人であるかどうかも怪しいところです。

ということで、皆さん中国でのオフショアコンサルは十分に気を付けてくださいね!

史上最大のインサイダー取引!シャープ対三菱東京UFJ銀行

主要銀行にシャープは嵌められた!!

市場最大のインサイダー取引

昨日、台北にいる金融業界の台湾人から連絡があった。

台湾銀行薫事長の李紀珠氏が三菱東京UFJ銀行頭取平野信行氏と特別融資に関する覚書を結んだのは、鴻海が身銭を切らずしてシャープ買収を行なう為の布石だという話だ。

信用枠のスワップと言うのは、台湾国内では国民党のバックアップを得ている鴻海はいくらでも借り入れができるが、日本では融資を得られない。2年前のシャープ買収を声高に叫んだテリーゴウ氏は、裏側で悉く日本の銀行に融資を断られた為に、シャープ買収を断念した経緯があった。それを救うのがこの三菱東京UFJ銀行と台湾銀行の覚え書きだが、鴻海はそんなに金が無いのか。

ウォールストリートジャーナルを見ると、鴻海のようなキャッシュ垂れ流し企業にシャープを買う資金力は無いと報じられている。欧米メディアは冷ややかに見ている鴻海のシャープに日本人が翻弄されてはならない。

また、昨年11月に鴻海の主力顧客であるアップルのiPhone6sの生産量が予想よりも10%削減されたと報じられている。これは、薄利多売の鴻海のビジネスモデルに大打撃を与えたはずで、資金はとてもではないがシャープには回るはずもない。

それを可能にしたのが、シャープの主要銀行と台湾銀行薫事長李紀珠の取引だ。

台湾銀行薫事長李紀珠と言えば国民党所属の元台湾立法院委員で、鴻海社長テリーゴウ氏の友達だ。反日馬英九台湾総統のお気に入りの反日仲間だ。

さすがにシャープ主要銀行の一行だけが台湾銀行薫事長李紀珠と覚書を結んでいたら、単なる偶然だと言えるかもしれない。ところが、李紀珠は昨年10月にみずほ銀行頭取林信秀とも協調融資の覚書にサインをしているのだ。

さて、三菱東京UFJ銀行平野頭取のシャープに対するコメントは、「シャープは私が退任するまでに決着を付ける」だ。決着を付けるというのはどういうことか。その某台湾人によると、みずほと組んだ5100億円のシンジケートローン返済延期を断って、シャープを窮地に追いやり、鴻海に信用供与してシャープを買収させてあげるという決着だ。

可能性の一つとしては、返せるわけもない5100億円ローンの期日返済を迫り、シャープを民事再生法申請まで追いこむことだ。そうすれば、民事再生法の下でシャープは再生のスポンサーを付けなければならない。その時に、鴻海が手を上げて三菱とみずほから融資を受けて、DIP型再生に臨めば今までの株式を全て原資して既存株主を抹殺し、主要二行は5100億円の債権を放棄し、鴻海は身銭を切らずして借金の無くなったシャープの100%株主になれるというシナリオだ。

そう、時価総額2000億円のシャープをゼロ円で手に入れ、5000億円の借金棒引きにしただけで、鴻海は合計7000億円儲かってしまいます。これって、立派なインサイダー取引ですよね。

なにか、聞いたことありませんか?このストーリー。
はい、エルピーダと同じです。
エルピーダの偽装倒産劇も、馬総統率いる台湾秘密結社青幇が行ったのです。

実はシャープを救うのは簡単で、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行が「融資の返済を待つ」と一言いえばそれで済むのです。それは、日本政府もこの二行に要請していることですが、それを断ってでもこの二行はシャープを鴻海にプレゼントしたいんです。

私たち個人投資家がシャープを救えるとすれば、証券取引等監視委員会に電話をして、この馬鹿げたディールを辞めさせることでしょう。

台湾企業の為に債権を放棄するなら、三菱東京UFJ銀行とみずほは、本日、日本と言う国の為にシャープの債権を放棄すればいいのです。

日本の証券取引等監視委員会は何をやっているかというと、『木を見て森を見ず』体質で個人投資家の小銭ばかり追いかけているので、この史上最大のインサイダー取引を取締りもせずに放置しているという次第なのだ。


M資金詐欺 リバイバル


ニュースを見てたら、有名人がM資金詐欺にあったとあって驚きました。

このM資金というのは、戦後日本から持ち出されてどこかに消えたとか、隠されたとかいう噂の資金で、誰も見つけたことがありません。笑

こんな笑っちゃうような詐欺なんですが、歴史は古く、何十年も前から続いています。

今から十五年前にもそういう話を聞いたし、知人の勤める銀行にもM資金のスーツにスニーカーの詐欺師が現れたらしいし、五年前に知人が政治家の友人という人に呼び出されてM資金の金塊が海の底に眠ってるから発掘する費用を集めてるという相談を受けたと言ってました。

その時には、わざわざ金塊が海の底にあるという写真まで付いていて、写真で撮れるところにあるなら取れるだろって私は思ったのですが、話を聞いた当人は

「いやいや、この輝きは本物金だよ。この話は本物だ」

と言って、私の話は聞いてもらえませんでした。

たまに、投資詐欺に会う人を見かけますが、不思議なことに私が止めてもそういう人たちは絶対に私の話を聞きません。投資は金融商品取引法や出資法でガチガチに縛られているので、自由な投資っていうのは無いのです。

投資は証券会社を通して買いましょう。

最近は質が悪い中小の証券会社がファンド詐欺をやるケースもあり、預けた資金が信託銀行に保全されてないなんて事件もあります。
その後、計画倒産して、逃げられちゃうケースもあります。

上場してる証券会社はリスクが小さいです。万が一の時は訴訟で押さえる資産を持ってる企業と取引するのが大事です。

最近あったケースでは、FXファンド詐欺にあって裁判に買っても、相手が海外に資産を移していて国内に資産が無くて取り戻せないなんて悲惨な話もあります。

プライベートバンクで百万円から資産運用しますというのも、ほぼ偽物です。プライベートバンクは億以上の現金からしか受け付けてないです。そして、プライベートバンカーは日本人は土地持ちが多くて現金が少ないので、日本人を重視してません。

色んな詐欺があるので気を付けてくださいね。

M資金、あるかもしれないけど、そんな話は一般市民の私たちにはこない話だと思います(^o^)
プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>