FC2ブログ

寺岡洋和裁判官、自ら民事訴訟法違反宣言

絶望の裁判所(=´∀`)
今度は、裁判官が自ら「法律違反をする!」と電話で連絡がありました!!
民事訴訟法で除斥を申し立てると、その期間は裁判を休廷しないといけないのですが、「それを無視して法廷を開きます」と書記官から連絡がありました。
理由は、恐らく、民事訴訟法違反してでも藤井一良様に都合の良い判決を出さないと、中国に牛耳られた裁判所の人事に降格とか左遷されてしまうからでしょう。
以前に、私を騙そうとしていた遠田真嗣裁判官の嘘を暴いたら、彼は出世真っしぐらコースから突然八戸家庭裁判所に左遷されました。
ところが、私を森川紀代インチキ弁護士と一緒に騙くらかした棚橋知子はいきなり最高裁に出世です。
そういう汚い仕事してるから、裁判所は信用されなくなるわけです。
==この法律違反裁判官への除斥を申し立てました==
申立ての理由
申立人は本事件に関して民事九部に対する除斥申立ての抗告事件を起こし、現在判決待ちである。しかし本日1月11日午前に寺岡洋和裁判官の決定により、「1月25日に期日を開く」旨が大畠伸一裁判官書記官から申立人に電話で伝えられた。
民事訴訟法第二十六条によると除斥の申立てがあったときは、その申立てについての決定が確定するまで訴訟手続を停止しなければならない。また本事件は特段急速を要する事件ではないにもかかわらず、寺岡裁判官は本事件の訴訟手続を再開しようとした。
以上のことから寺岡裁判官は民事訴訟法第二十六条に違反し、同時に国家公務員法第九十八条第1項に規定する法令遵守義務に違反していることを自ら宣言した。
したがって民事九部に所属し、関係を持つ全ての裁判官と書記官には、本裁判の公正を妨げるべき事情があるといえる
スポンサーサイト



イージス艦事故の為に衛星ハッキング工作に勤めた中国人との訴訟準備書面

衛星ハッキングの工作活動を行っている中国人との裁判の日が近づいてまいりました。

できたてほやほやの準備書面です。


基本的に東京地裁は大半が大陸向いているので、この被告は無罪になる可能性が高いです。

裁判官の政治思想次第ですね。


8月31日午前11時616号法廷です。良かった来てね!


平成28年(ワ)43245号

 

原告 浅田 麻衣子

被告 銭 巍

準備書面

 

平成29年8月24日

東京地方裁判所民事16部御中

 

原告 浅田麻衣子

 

1.被告の虚偽について

 被告は、原告が経営する企業の情報通信研究機構(NICT)向け「可視化センサーデータ伝送装置」に関わっていたことすら知らないと答弁しているが、被告が本プロジェクトに関わっていたことは、被告の当時の上司であるデビッド・ガンバも参加している為に把握している。

 被告もNICTプロジェクトのミーティングに上司と共に参加しているにも関わらず、知らなかったというのはあまりにも下手過ぎるウソである。ここで「Qian Wei」、「チェン・ウェイ」と名乗っているのが被告である。

(甲号証10 )

 被告はアルテラ社内でのNICTプロジェクト担当者だったにも関わらず、その事実を否定しているのは、被告が情報通信研究機構にファーウェイ製品を導入させて衛星をハッキングさせる罪を隠ぺいするためである。被告が本プロジェクトに関わった事実を完全否定するには、元上司とのメールのやり取りなどからみても無理がある。

 

2.イージス艦事故がハッキングだと報道されている件について

 平成29年6月17日、8月21日、この三カ月で二回イージス艦が事故に遭った。中国共産党のプロパガンダ誌である朝日新聞や東京新聞は米軍のミスと意図的に偽ニュースを報じているが、AFPと産経によるとこれは何者かによるハッキングで引き起こされたと報道されている。

 (甲号証11)(甲号証12)

 被告は、中国共産党の為に設立された企業「華為技術」(華為の意味は「中華興為=中華を興す為」の二文字から取られたスパイ企業であり、もう一社は中興という会社)の為に、衛星「きずな」へのハッキングの下準備を行なっていた。 平成13年にも「きずな」への不正アクセスが行われる事件があり、中国共産党の目的は「きずな」への不正アクセスを成功させることを通じて、日本の衛星へのハッキング・メソッドを完成させることであった。被告は「きずな」へのハッキングを幇助し、最終的には人民解放軍に日米共同運用の衛星ハッキングを成功させて、今回の事故を装ったイージス艦殺人事件を完成させたのである。

(甲号証13)

 

3.甲号証4について

 被告が収賄を人生で一度もしたことがないなら、何故、原告とは一度も面識のない被告の妻張麗が原告に対して見積書を送ってきたのか?

 被告からの説明を求める。

 

4.被告への入金について

 被告は、犯罪を隠ぺいするために、迂回取引として被告の妻の会社の銀行口座を選定した。被告に何らやましいことが無いならば、株式会社Glinkの通帳記録と帳簿を公開するように求める。

 

東京高裁民事第七部白水丈晴書記官のウソ


東京高裁第七部。
書記官に書類提出期限についてウソで騙された。
最高裁まで行く予定だったが、白水丈晴書記官に書類提出しようとすると
「期限締め切りました。6月6日までと言いましたよね」 
と。
私は6月16日と聞いていたのだ。
「はあ?そんなこと言ってマシェーン」
と、見下した態度。
「16日って仰いましたよね?」
「ん?私の記憶では貴方が書面を受け取ったのが4月17日だから50日以内の提出なので6日までですね」
と書面提出日を暗唱し、うすら笑みを浮かべてた。

帰り道、おかしいと思った。

私はもともと、五月末までだと思って、裁判所のウェブサイトから書類のひな形をダウンロードして提出書類を作って五月下旬に高裁へ持っていった。


そうしたら、

「この書式ではだめです」

と、その時、白水書記官に受け取り拒否されたんだった。

「上告の理由兼上告受理の申し立て書ではダメです。別々にしてください。6月16日まで時間ありますから」
と言われたんだ。

「五月末までじゃなかったですか?」

と聞いたら、

「6月16日までで時間はあります」

と言われたのだ。


書類を作り直すのに手間取った。

でも、よく考えたら、「上告の理由兼上告受理の申し立て書」は裁判所からダウンロードした雛形なので間違ってるはずがないのだ。


完全に騙されたな。


皆さん、裁判所は偽日本人がたくさん働いていて、色んな裏工作をしているので、必ず証拠を残しましょう。

裁判所は簡単に大企業に買収されます。
そして、前に出した提出書類は、すぐに中国にコピーが転送されていました。
詳しくは事件サマリーをご高覧ください。

替え玉訴訟で離婚成立。妻知らず(・_・; と藤井一良事件のこと


替え玉訴訟で離婚成立。

ありました。

当事者不適格案件。
夫の愛人が自分=妻のふりをして、離婚調停しているケースです。
これ、氷山の一角で、一万倍は似たようなケースがあると思います。
     家庭裁判ではありませんが、商取引上の詐欺事件で私も被害に遭いました。 

例の藤井一良(呉思国)事件です。呉思国=私は祖国を思う、という意味の名前で、いかにも中国スパイぽい名前の彼ですが、まだ国内で活動しているみたいです。(美肌菌とかいう化粧品を売っているようだ)

この『愛人替え玉訴訟事件』と藤井一良損害賠償請求事件の何が類似しているかというと、訴訟で当事者に成りすますというのは、「当事者不適格」という原告や被告になる権利=適格性を有していないということなんですよね。

それに裁判所がどう誠実に対処するかですけど。

家庭裁判所もずさんですが、地方裁判所、高等裁判所なんて、もっともっとずさんです。
法廷に立つのに一度も『免許証を見せろ』となったことはありません。

そ。

本人確認しないのです。

本人であることを確認するという法律がないから、裁判官はどうでもいいんですね。

ただし、自分に成りすまされて、敗訴させられてすべての権利を失っていたということに気が付いた人が、裁判官の責任を求めて「国家賠償請求訴訟」を起こしたりする可能性は高いですよね。

私ならそうします。

皆さんも、気を付けてください。
裁判官、弁護士が結託して成りすまし裁判やることもあるみたいなので。

中国塗料による詐欺?手抜き判決事件

中国塗料が山住哲夫さんの知的財産を詐取した事件の判決に対する抗議をしてるオジさん達にビラ貰いました。

最高裁判決、笑っちゃう手抜きなんだけど、これだけw


判決の内容はともかく真剣に努力して法的な論拠を組み立てた痕跡すらない。笑

これで、年収二千万円?
楽な仕事ですねw

日経新聞でも連載になった事件らしいですが、途中で中国塗料から圧力掛かって消されたそうですw
プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>