読んだ本 - 深田萌絵 本人公式
FC2ブログ

記事一覧

亡国の移民政策 通訳捜査官が怒る日本史上最大の失策 (103)

坂東忠信先生の「亡国の移民政策」を読みました。==Amazonの内容紹介です==これは安倍政権最大の失政だ! 日本は国際的な基準に基づくと、既に世界第4位の移民国家。にもかかわらず、インバウンド政策も社会福祉政策も、法律は抜け穴だらけで不正は横行、でもそのツケを払うのは日本人――入管法改正による外国人労働者の受け入れ拡大で、日本は取り返しのつかない第1歩を踏み出そうとしている。本当にこのまま、受け...

続きを読む

遠藤誉著『毛沢東』日本軍と共謀した男 (99)

ぎゃー、すごい本を読んでしまいました。「毛沢東」日本軍と共謀した男。遠藤誉氏は、先日のファーウェイ事件でハイシリコンに関する記事を書かれていて、「なるほど」と思う部分と「?」と思う部分はあったのですが、普通の文系教授だと思っていたのに意外とテック系のことも書くんだと思って興味持ちました。(そして、理学博士でした。失礼しました)毛沢東が日本軍に感謝の辞を述べたことや、青幇スパイが暗躍して国民党軍の情...

続きを読む

米軍は戦争に勝てるか?「フューチャー・ウォー」 (65) 読後感

昨日は校了とセミナーのために半分徹夜だったので、八時半に寝てしまった。目覚めたら深夜1時47分。お風呂のお供に、ロバート・ラティフさんという元米空軍少将の本を読んだ。50ページ読んだらのぼせそうになったので、残りはお風呂上りに読んだ。250ページだけど、自分の文章より読みやすくて2時間弱でサラッと読めました。(自分の文章が分かりにくいが課題)未来の戦争技術について、知っている以上のことはなかったけ...

続きを読む

『5Gの教科書』 インプレスだよ( *´艸`) (40)

今日はこれを読んでます。 先日、某社製のプロトタイプ5Gルーターを使って、カメラ⇒ルーター⇒モニターという伝送実験で遅延を計測したら50ミリ秒程度の遅延があったので、実験に参加した全員で「うーん。どうしたものか」と頭を悩ませたのだ。プロセッサの処理遅延か、大容量転送のための忖度でバッファ遅延かと頭を悩ませましたが、そのルーターを開発した人がその場にいないので質問もできないし仕方ないから教科書でも...

続きを読む

知ってはいけない 隠された日本支配の構造 矢部宏治氏著

売れてるみたいなので、「知ってはいけない」を読んでます。 勉強になるなと思う部分と、「?」と思う部分もあります。初めて聞くテーマが多くて、真偽の判断は難しいです(・_・; アジアの冷戦構造は日本と韓国で、それは米軍によってつくられているそうです。(笑)フィリピンから米軍がいなくなって、米ソ冷戦構造がなくなって25年も経って良かったねということですが、フィリピン、米軍が去って、解放軍がスプラトリー...

続きを読む

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(40歳)
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。

美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
1位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター