記事一覧

コーランを知ってますか?

正月には神社に参って日本の神様にあやかろうとし、ご先祖様にあやかるために般若心経を読み、友達がいないことを心配した親にガールスカウトに入って深田に友達を作る計画のために子供の頃教会に生かされて聖書を一通り読み、旧約聖書も読んだが教会のオバサンと小4で喧嘩して二度と教会には立ち寄らず、その後はギリシャ神話と聖闘士星矢にハマり、インド神話ラーマーヤナ、マハーバーラタ、古事記日本書紀西遊記と浮気性の深田...

続きを読む

『沖縄の危機』兼次英利加編者

この本読んでました(・_・;前から沖縄って、妙に台湾暴力団青幇、竹連幇、解放軍が出入りしてるっぽいなと思ってたら、同じ風に思ってる人というか、現地の人もそう感じてたんですね(・_・;沖縄現地の人は迷惑に感じてる人もいるのに、この国の政府は何もしてくれないの?って無力感を覚えるね。GHQの洗脳作戦で本土の人間には加害者意識を植え付け、沖縄の人には被害者意識を植え付けていたらしく、それが中国共産党に利用されて沖...

続きを読む

【書評】経済数学の直感的方法確率統計編 後半

昨日の続きで長沼伸一郎先生の著書ご紹介です。※知り合いではない。面白いけど、読み応えがありすぎて、この本は前著よりもじっくり読んでました。後半のハイライトはテイラー展開と伊藤のレンマが図で開設されている218ページから243ページくらいで、ここは数学苦手でつまずいた人にはありがたい解説だと思います。どうして、ランダムウォークが時間のルートで広がっていくのかという説明がされていて、そこがブラックショ...

続きを読む

【書評】経済数学の直感的方法 確率統計編【前半】

昨日、金融業界に転職したいという女性がいたので、ブラックショールズの話をした。オプションのプライシングをモデリングした「ブラック・ショールズモデル」がノーベル経済学賞を取って一世を風靡した時代があって、数式モデルのみで運用する「ロングタームキャピタルマネージメント」(LTCMと略される)というファンドが設立されて、それがある日吹っ飛んだという伝説は有名な話なんだけど。私も自分の本でブラックショールズモ...

続きを読む

おはよう

おはよう。電磁気学の本の数学、ナブラの計算につまづいてこの本に来ました。電磁気学の本は1日3ページくらいだったけど、こっちは比較的サクサク読めてます(^_^;)昔、けっこう読んでましたが、物理の本を読むのは十代以来なので、やっぱり物理の本っていいなと思います。物理のいいところは、試行錯誤の歴史から発見される過程がだいたい書いてるので、人間の目から観察されたことで直観的理解できる世界から目に見えないホント...

続きを読む

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ