FC2ブログ

【書籍紹介】経済数学の直観的方法

蚊にかまれて3時に目覚め、その後、眠くなったけど咳で眠れなかった。
眠れない夜。といっても夜明けに相応しいのは、数学の本だと相場が決まっている。

物理数学の直観的方法の著者長沼伸一郎さんの書籍の経済学バージョン。
こんなマニアックな本と思ったけど、何気にアマゾンの経済学分野で一位に輝いてるwww

一応、私も政治経済学部の経済学よりの授業を多くとってきたので、経済数学にはヒイヒイ言わされたのでこういう本が学生時代にあれば良かったなと思った。

数学

マクロ経済学を図解で分かりやすく学ぶなら「マンキューマクロ経済学」もお薦めだけれど、そこを一歩踏み込んで、数学的な知見を織り込みつつも数学が得意でない人間が数学的な経済モデリングまで踏み込むなら、こっちでフォローアップするのもいいね。

経済数学は、多変数関数の解析が多く出てくるんだけど、そのなかの変数のどれを止めて、どれを動かすかでパラメータが変わった時のインパクトを知るというものになりますが、その原理について丁寧に解説された書籍です。

基本的に中学一年生でならった式の展開ができて、微分ができれば、この書籍の4分の3までは読み進めることができるような気がする。うん。たぶん。

残りは行列の計算ですが、「あー、そうだった~」と苦手意識を思い出しながら、読むのもオツなもの。
う、そろそろ、眠くなりそうだけど、物理数学の直観的方法にも興味が出てきたゾ。

この書籍の続編は、11月に出る統計解析のものなんだけど、金融工学でノーベル経済学賞を取ったブラックショールズモデルも出てきます。ブラックショールズモデルって、数式にしたらちょっとめんどいけど、絵に描いて表したら「え?」ってくらいシンプルだったりするんだけどね。

なんて、感想を書いているけど、もう、二度と手で計算するとか(ヾノ・∀・`)ムリムリですね。
今日の本のリンクは下記。
経済数学に苦しめられた方、どうぞ☆

Amazonのリンクはここ
スポンサーサイト



数学入門


いまは、こんなの読んでます。

photo:01



ピタゴラスの定理からやってますが、図形で数式を説明する部分もあり、かなり面白い本です。

数学音痴で、数学はあまりサクサク勉強が進みません。勉強していて、ピンと来る回数は他の科目より少ないです。が、何故か端々に面白さを感じます。

後、苦手なのは電流の計算なんだよねー。

映画 ムーラン


1911と同じ監督の撮ったムーランを観ました。

戦うお姫様が好きです。ムーランは姫じゃ無いけど。

が。

中国の映画はかなり残酷で、かなりビビります。墨攻もかなり残酷でした。

ムーランの物語は史実でなく、プロパガンダのために作られた物語ですが、それでもヒロイン物の古典ではダントツ好きです。

ディズニーのエンディングでは王子とムーランは結婚しますが、チャンツイイーは王子と敵国の姫との結婚で国に平和をもたらす為に身を引きました。

自分だったら、どうだろうかと思います。

所詮は平民なのに、国益を優先できるだろうか。

うーん。

愛と国益。

天秤にかけると、余裕で国益が重いので折衷案を考えたいところですね。

おやすみなさい。

映画 1911


映画 1911 を見てました。

辛亥革命のね。

孫文の右腕である克強が武昌で優勢になった時に、すぐに上海へ飛ばずに、ヨーロッパの銀行家を抑えて清王朝をサポートしないように説いたあたりが、兵糧攻め戦略としては面白いね。

(たぶん、作り話か出来レースだと思いますが)

銀行家は、資産の無い革命家の話を聞くことはまずありません。

それは、銀行がベンチャーに金貸さないのと同じです。斜陽産業でも土地と工場持ってる大企業に金を貸すのです。


これは、銀行的なロジックです。

多くの人が誤解してるけど、銀行も証券会社も投資家ではないですからね。因みに資本家でもありません。レバレッジ効いてるだけなんで。。。

孫文に銀行を動かす力が無かったとしたら、その後ろでどんなポリティクスが働いたのか。

それを想像するほうが面白いですね。

不思議なことに、孫文は中国建国の父と言われてますが、そもそもアメリカ人です。ヒーローが少ないので、中国のヒーローとして現在も活用されてるようです。

因みに、切手博物館の副館長に寄ると、金日成はロシアで育ったので、白鳳山の戦いには参戦してないらしいです。が、革命の士として君臨しました。

何がホントの歴史か分からないままに、歪みあってる自分達は愚かだなと思いますが。

ま、今日はこんなもんで。

いつかは、何かを知ることができますように。

おやすみなさい。


映画ウォール・ストリート


映画、ウォール・ストリートを観てます。





観てますというのは、途中で投げ出してしまったという意味なんだけど、飛行機でもちょっと観て、つまらなくなったから止めてしまいました。





勉強はそんなに好きじゃないので、最近は英語の語彙を増やす為に映画を一生懸命観ていますが、もともと飽きっぽい性格の中で自分が飽きずに観ていられる映画を見つけることすら困難だということに気がつきましたw





20代は旺盛な好奇心の下にずんずん進むことができましたが、今は10代のときみたいに難しい言葉がぽーっと通り過ぎていく感じです。






外国語って、やっぱりナマの会話で覚えるのが一番楽しいし、らくだよね。





そういう意味では、日本語も同じ。

家庭での会話、友達との会話、物を知っている人たちとの会話は自分の語彙を高めてくれると思っています。





家で1人でいると、何歳になってもぬいぐるみとしか喋らない人間になりますね。






つつがなきや。



プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>