FC2ブログ

絶対音感

☆★深田萌絵 公式ブログ★☆-20100506112156.jpg

前々から思っていたけど、バイオリンを耳だけを頼りに調律すると、チューナーで音を測ったときに全ての音がキレイに半音階下がっているんだよね。




音感悪いなぁ…って思っていたんだけど、最近はバイオリンを作り始めてモダンピッチとクラシックピッチがあることを知ったよ。




みんなが普段聞いてる基本のラの音は442ヘルツでモダンピッチ、バッハなんかのバロック音楽は基本のがラの音が半音階下がった415ヘルツのクラシックピッチです。




で、何故、自分の音感が全て半音下がっているかが、ようやく理解できたんだけど、私はバッハにハマってバロック音楽を 聴くことが多かったから気持ちがバロックなんかの古典によった分だけ音感もキチッと半音分ずれたんだなぁと思ったよ。




クラシックピッチで聴くバロックの切なさに心が奪われて、耳が出来上がってしまったんだね。という言い訳でチューナーが手放せない私です。
スポンサーサイト



狂ったバイオリン

☆★深田萌絵 公式ブログ★☆-20100513155742.jpg

知人の楽器製作家が作ったバイオリンを使ってますが、知り合いのバイオリンオタクに見せたら、




「左右対称じゃないし、センターずれてるよ」




って言われて、いつも自信満々に楽器を作ってるオジサンにマンマと一杯食わされたと腹が立ち、




「おっちゃん!このバイオリン、ちょっと表板のがでかいしシンメントリーなってないよ!」




と文句の電話を入れると、



彼は、




「バイオリンの表板はもみ、裏板はかえで。もみのきは今から五十年百年経つと二ミリ縮む、かえでは一ミリだけだから大きいんです。そして、ストラドなんかはシンメトリーなバイオリンですが、デルジェスはアシンメトリーで僕のバイオリンはデルジェス型です。だいたい楽器は左右対称だったらいけないんです」




って言われて、




はぁ、確かに弓が右側から来るから、対称でもおかしいのかなと思いました。




しかし、百年後の自分のバイオリンの心配しているオジサンに口出しした自分の浅はかさを感じる今日この頃。




深田

春の日のヴィオロンの溜め息の

☆★深田萌絵 公式ブログ★☆-20100506112156.jpg

バイオリンを友達から借りました。




張り切ってチューニングしていたら、力加減が悪くE線を二本切ってしまって、ショックです。




バイオリンやっているときにチューニングで弦を切ってしまうなんてなかったのに…




一本千円以上するんだよ!GとEじゃなくて良かった。一本一万円以上するから…



ショックで横になってます

バイオリンの修理での出会い

☆★深田萌絵 公式ブログ★☆-20100502071431.jpg

ここの工房では、主にプレゼント用の耳掻きを作ってるんだけれど、時々、楽器の修理もしています。




ここのオジサンは大胆な人なので、何億もするストラディのバイオリンのネックがダメになっていると言って、ネックを入れ替えて音を再生しました。




ネックの入れ替えって、一回切らないといけない訳ですから、相当、自信がないとできません。私なんかは、億のバイオリンを手に持つだけで震えそう(笑)




で、元々オジサンはストラディの型でバイオリンを作っていたんだけど、
まじもんのストラディの修理の評判を聞いた音楽家がデルジェスのバイオリンを修理して欲しいと依頼して、彼がデルジェスのバイオリンを手にしたときにあまりの音色の美しさに驚いたそうです。




ということで、上の写真はデルジェスのバイオリンの型です。今回、私がここに来ているのは、四分の三サイズのバイオリンで良い物がないっていうのと、デルジェスの型が欲しいからなんだよね!

ギターの型、響き

☆★深田萌絵 公式ブログ★☆-20100502071409.jpg

昨日は楽器工房のオジサンが作ったギターを一宮さんに弾いてもらうというミニコンサート状態でした。




オジサンはその日、彼の子の子、いわゆるお孫さんに四分の一バイオリンを完成させて、音を最終調整していたんだけれど、そのバイオリンがむちゃくちゃ軽い!音を鳴らすために、板を薄く削っているので私が知ってる量産バイオリンからすると信じらんない軽さでした。



板の削りでここまで響きと音量が違うのかと思ったときに、一宮さんがギターを奏でて、その優しい音色にびっくり。




数百万円クラスのギターの音色でした。(表現が下世話だけど^^;)一般的に耳にするギターのペンペン音は全くないです!ギターに対する印象ががらりと180度変わりました。




ギターの型はブーシェという作家のものを用いているそうです。




ブーシェは元々フランスの画家で、ある時からギターを作り始めたのですが、元々絵を描く人だからこそ、音の色まで見えたのかもしれません。




ところで、昨日のギターですが、一宮さんはギターの修理に来てました。修理と言えば…
プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>