FC2ブログ

サイトM&A

サイトM&Aって言葉がございまして・・・






ようは企業M&A(買収して合併)のウェブサイト版なんだけど、






数年前とはまったく景色が変わって、桁が一個か二個取れてかなりリーズナブルになりました。






っていうご紹介を知人経営者にすると、驚かれます。







「えー!!わざわざ集客のSEOに数百万円かけたのに!?」






って。






商業用のサイトやるなら、10万PVとか、20万PVとかあるサイトなんて数十万円でも売ってるから、それ買ってスタートすれば良いのにって、思うよ。





えっ!?





どこでそんな情報取るって???






ヒミツ☆





にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
人気ブログランキング株式投資家

スポンサーサイト



D&D

今日は会計士の先生とD&Dの話をしてました。



え?



DEAN & DELUCA



じゃないよぉ。



T&Tは今日と明日を精一杯生きたいというゆいっぺのモットー



D&Dは、デュー・デリジェンスね。



経営者が、会社売りたいってときに、「じゃあ、いくら?」って思うと思うんだけど、



その価格が正しいかとか、いくらが適正なのか調査することをデューデリジェンスっていいます。



え?



私が計算するかって?



安心してください。



私は計算しません。



ポカーンとみてるだけ。


プライシング

事業売却の話がございまして、買い手に話をする前に、



その事業がナンボなのかという計算があります。



バークレイズのロンドン研修で、投資銀行部門の研修ではプライシングモデルを作るテストがごぜえまして、毎週会計と数学とM&Aのテストでストレス死しそうになってましたが、一応そのときにプライシングについてミッチリ学びました。



が、



サッパリ忘れました。



ということで、会計士先生に、



「先生、私、この事業って、山勘的に○○万円くらいじゃないかなって思うんだけれど、どう思います?」



って聞いたら、



「計算終わるまで分かりません」



ということでした。




が、



先生から連絡があって、




「深田さん、スゴイ! 緻密に計算したら、深田さんの山勘プライスになりました!」



と褒められました。



どうしてその値段かと思ったのかは、よく分かりません。

フェアバリューを求めて


お仕事で、企業の事業売却に向けてバリュエーション(株価)計算中。



サイトM&Aなんかだと、営業利益の二年分くらいが目安なんだけれど、事業のときはもうちょっときちんと計算します。



純資産法とかDCFとかPERから株価を求めます。



いまって、相場が下がっているので、PERは全体的に低め。個人的には長期的に株を買ったり、事業拡大に向けて会社を買っていくのにちょうどいい時期だなーって思ってます。



会社買いたいってお客さんがなんかいま多いんだよねー



プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>