FC2ブログ

束縛恐怖症

束縛恐怖症だ。

始まりは小学生時代の友達束縛から始まり、両親の関係を観察しているうちにその恐怖がこじれて、縛られるのがすっかり嫌な大人になった。

母から「束縛されて、全てのチャンスを失った」と聞かされているうちに、束縛されることは人生の終わりくらいに感じるようになった。

大人になって彼氏みたいなのができると、「夜の10時に必ず電話しろ」とか、「友達に会うなら俺に会え」とか、「仕事で飲みに行くのは控えろ」とか言われるという目に遭ったことがありましたが、そういうのってなんかしんどいよね。

私の場合は気が付いたら○時だったというケースが多くて体感時間が1分1分正確には流れていかないから、なかなか難しいのだ。
自分のことはいいとして。

こないだ、女友達に会った。

昔話に花を咲かせ、わっと盛り上がったところで、
「彼氏がうるさいからそろそろ帰るよ」
と彼女は言った。

「ラブラブで良かったね」
そう祝福した時、彼女の携帯に彼女の彼からのメッセージが20件も貯まっているのが見えた。

「あ、私に遠慮せず返信していいよ」

「ううん。萌絵ちゃんに会ってるの内緒なの。女友達に会うって言ったら、なんで俺と過ごさないのだ?って言われるから」

彼女はそう答えながらメッセージを開けた。 
そこで私はぎょっとしたのだ。

「今どこで何をしてる?」

「本当に残業か?」

「何故、連絡してこない?」

「浮気だな」

「浮気女め」

「そんな浮気女とは俺は結婚できない」

「おまえの荷物は捨ててやる」

「1分くらい俺と話せるだろ」

「そんなあばずれ女だったとは」

罵り言葉と脅迫のオンパレードガーン
見ただけで胃が痛くなって、吐き気がした。

「あ、あの、メッセージ勝手に見てしまって申し訳ないんだけど、もしかしてこの後彼氏のところにもどるの?」

「うん」

「大丈夫?殴られてない?」

「え?大丈夫よ。束縛するだけでDVじゃないから」

彼女は平気な顔をしたが私は、

「そんなやつ、きもいやろ!!」

と駅で怒鳴ってしまった。

自分の恋人に向かって「あばずれ」とかありえないでしょ。

プライベートはいい加減です

これまで浅野忠信さんが素敵だと思ったことは無かったんだけど。

今日のニュースを見て、急に彼に対する好感度が上がりました。

チャラと離婚前に若い女性と浮気していたところを写真に撮られたのは記憶に新しいですが、彼が記者会見でプライベートのことを聞かれて、

「プライベートはいい加減です」

と答えたことに好感が持てました。

仕事に対する自信が揺らぎないから言えるセリフだよね。

普通だったら、いい子ぶって「実はプライベート充実していないんです」とか言いそうだけど、そう言わないのがカッコいいように思いました。

率直。

これに優るものなし。

私のプライベートを率直に言うと、どう表現すべきなのかを考えることにしました。

「プライベートは崩壊してます」

ちょっと知性が足りないな。
崩壊してるのはプライベートではなくて、君の精神だろう?とか突っ込まれてもイタイな。

「プライベートはビッグバンから超ヒモ理論へと進化を遂げました」

こんなところだろうか。

マジでヒモ願望とか勘弁ですよね。

逢いたいね

恋愛において、私の中では言葉が非常に大きなポジションを占めているということに昨日物書きやってる友達から指摘されて改めて気が付いた。

22歳の時に、素敵だなと思った人は。

「逢いたいね」

ってメールくれたんだよね。

「会いたい」

じゃなくて、

「逢いたい」

です。

会うと逢うってちょっとニュアンスが違って~~~~

逢うって、逢引き、逢瀬、という言葉に使われるように、親しい特別な人と会う時に使われる漢字なんです。

そんな愛のメールを受け取ったら、

「なんて、インテリジェンスなのかしら♡」

ってテンション上がるよね。

脳内物質における恋愛の始まりです。

逆にテンションが下がるもの。

男子の絵文字、顔文字、LINEスタンプです。

この三つが出てきたら、もう脳みそでは恋ができない。

小さいア行とか使う男子からメールが来たら、「えー。。。当方三十路也(なんならアラフォー)」と思っちゃうよ。


恋愛観

寿司屋で日本酒を片手に恋バナもクライマックスに向かった。

「どういう恋愛してきたの?」

「いや、実はですね。長生きするつもりなかった」

「あ、30歳までに死にたいって言ってたね」

「なので、現在価値の高い恋愛をしてしまった。ようは、アウトのオプションを売って、手前にプレミアムを重ねたような、外資の仕組債みたいなどうしようもない恋愛してきたんです」

「どういうこと?」

「ボラティリティに殺されるということです」



付き合ってみたい人

そう、それで「ところで、どういう人が好みなの?」という話になり。

この歳で、どういう人が好みとかお恥ずかしい話ですが。

「次は森博嗣さんみたいな、理系でシンプルで美しい文章の人と付き合いたい」

と答えた。森鴎外みたいなうぬぼれ屋さんは嫌だし、経済小説家も夢が無いから嫌だ。歴史作家も詩人も、ちょっと違うのだ。

「突然だね、何があったの?」

「野性的で体育会系の人が単純で根明で気楽だった。その彼にメールを送ったら『萌絵ちゃんは漢字が難し過ぎて読めない』という返信があり、その後からメールにルビ振って送ってたんだけど、いつしか『こんな人とコミュニケーションが成り立つのだろうか?』という疑問にいつしかかわり、フッとしゃべるのが嫌になった。そして、『頭のいい女は面倒くさい』と返り討ちに逢った」

「えっ(笑)」

爆笑される。

「相変わらず、言葉に翻弄されるね」

恋に言葉は要らないけれど、そこから先に進むには言葉が必要だ。

そういえば、結婚を決めた時、旦那からのメールがカギになった。

副詞も形容詞もてにをはも完璧で、こんなに美しい文章を書く人とは無いと思って、感動して結婚した。全ての科目において偏差値70以上、数学の話をしてもらっても最高に面白かった。

思えば、旦那の文章が私の好みのタイプど真ん中だったのだ。

16歳で森博嗣さんの『全てがFになる』という小説を読んで、あまりの美しさに「完璧だ!」と大騒ぎした。森博嗣さんほどではないが、旦那も非常に美しい文章を書いた。

こう考えたら、理想のタイプと既に結婚していたんだな。

私と旦那が憧れていた、タホ湖の畔に住むトレーダーのエド・スィコータはいつも言っていた。
「みんな欲しいものを手に入れる」
と。

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>