記事一覧

最近の藤井君のネット情報

私を日米合同スパイ会社の社長としてIRSに通報した疑惑の渦中の藤井君です。藤井一良として南昌智科軟件科技有限公司の社長だと裁判で証言していたし、ネットにもそう書いているのに、肝心の登記簿謄本は呉思国が社長。株主の呉也凡は中国戸籍で呉也凡、旧名藤井健夫。お父さんが日本人でお母さんが中国人という設定なのに、「中国の熱い血が4分の3流れている」表記。謎の人ですね(・・;...

続きを読む

【番外戦15】FREEDOM OF INFORMATION ACT (連邦政府情報公開制度)

【番外戦15】FREEDOM OF INFORMATION ACT連邦政府情報公開制度(中国スパイ事件サマリーは過去の事。番外戦は米国でリアルタイムに発生している事。)雪が散った3月10日。米大使館で開かれたFBI担当官ジョン・デビッドソンとその上官らしい人物との話し合い。そこで、見たのは、我々を守るために配属されたFBI担当捜査官が、私とマイケルを日本政府に雇われた諜報員だと、上官を説得している...

続きを読む

兆豊国際銀行1兆円以上資金洗浄事件とパナマ文書

兆豊銀行(英語で皆メガバンクと略して読んでる)の資金洗浄事件がありましたね。これも奇妙な事件なんだけど、米国政府がパナマ文書を漁っていたらメガバンクが、資金洗浄やりまくっていたことが発覚して罰金180億円になったんだけど。ところが、米国政府DFS(デパートメント・オブ・ファイナンシャルサービス)は、誰の口座を使ったのかということは発表していないらしい、ということが台湾のニュース政経看民視で言われて...

続きを読む

【事件サマリー】総集編 藤井一良中国スパイ事件

事件サマリーを読み返すと、第30、31回戦の小林英里が弊社の印鑑と軍事民生両用技術を持ち逃げした部分が何者かによって消されていた。ので、総集編としてここに載せます。図や写真等の証拠はカテゴリから「事件サマリー」で探してみてください。【プロローグ】米国税IRSからうちの会社に税務調査が始まったのが今年の4月。うちは日本の会社だから、関係ないでしょとバトルして、うちの会社の領収書原本、会計資料原本、契...

続きを読む

【番外戦 】逆襲のジョエイ1から13までの総集編 中国スパイ事件

記事が幾つか削除されていたので、ここにまた掲載することにした。犯人は成り済まし日本人藤井一良さんでしょうが。【番外戦】1. 逆襲のジョエイIRS(合衆国内国歳入庁)を取り扱う弁護士ジェロルド・レイトンから連絡があった。「ジョエイ・キャンベルとディレクターのニック・コナーズは、君たちが関わったFBIの捜査官、他に君たちに関わった諜報機関の人間全ての名前を教えてくれたらその命令系統を辿る。君のメッセージ...

続きを読む

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ